iPhoneXには手ブレ補正機能が備え付けられている?

「iPhone史上最高」と評価され、デジタルカメラにも決して負けない写真が撮れるとまで噂されているiPhoneX。前作のiPhone7と比べた場合、具体的にどの程度カメラ性能が向上しているのでしょうか。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneシリーズで画質はどのように変わっているか

カメラの性能を決めるのは画素数と画角、それにズームの精度です。iPhone7では最大1200万画素数となっており、なおかつ最大5倍の光学ズームとなっています。iPhone7から本格導入された手ぶれ補正も初心者にとってはうれしい機能で、特別なテクニックがなくてもクオリティの高い写真や動画が撮影できると高く評価されています。

とくにiPhone7 plusのズーム機能は他の機種の追随を許さないレベルとまで言われ、葉っぱについた水滴までくっきり写せるスペックはコアなファンの間では垂涎の的となっています。最新のiPhoneXでは1200万画素を維持したうえでデュアルカメラによる高精度撮影を実現し、アマチュアでもプロレベルのカメラワークを可能にすると期待されています。

他の機種と大胆比較!iPhoneの弱点を把握して正確に使いこなそう

iPhoneシリーズのスペックだけを調べても正確な比較にはなりません。iPhoneシリーズならではの弱点にも目を向けてこそ、本当の意味でのiPhoneカメラの強みを把握することにつながり、iPhoneXを存分に使いこなす前準備にもなると考えられます。

iPhoneカメラの特徴として、黄色がより強調されやすいということが挙げられます。これは自撮り画像においてとくに顕著なのですが、iPhoneカメラで撮影すると同じ風景でも黄色が強く出る傾向にあります。

これは必ずしも弱点というわけではなく、女性の自撮りでは顔がよりやわらかい印象に映る効果が期待されるため、自撮りにおいてはむしろ強みと言えるのかもしれません。また、iPhone7では視野の広い風景でのピント調整が的確に行えるという長所があります。東京駅の遠景や公園の全景など、一見するとピント調整が難しいシーンでの撮影にもiPhoneが適していると言えるでしょう。

iPhoneシリーズのスペックだけを調べても正確な比較にはなりません。iPhoneシリーズならではの弱点にも目を向けてこそ、本当の意味でのiPhoneカメラの強みを把握することにつながり、iPhoneXを存分に使いこなす前準備にもなると考えられます。

iPhoneカメラの特徴として、黄色がより強調されやすいということが挙げられます。これは自撮り画像においてとくに顕著なのですが、iPhoneカメラで撮影すると同じ風景でも黄色が強く出る傾向にあります。

これは必ずしも弱点というわけではなく、女性の自撮りでは顔がよりやわらかい印象に映る効果が期待されるため、自撮りにおいてはむしろ強みと言えるのかもしれません。また、iPhone7では視野の広い風景でのピント調整が的確に行えるという長所があります。東京駅の遠景や公園の全景など、一見するとピント調整が難しいシーンでの撮影にもiPhoneが適していると言えるでしょう。

iPhoneシリーズのスペックだけを調べても正確な比較にはなりません。iPhoneシリーズならではの弱点にも目を向けてこそ、本当の意味でのiPhoneカメラの強みを把握することにつながり、iPhoneXを存分に使いこなす前準備にもなると考えられます。

iPhoneカメラの特徴として、黄色がより強調されやすいということが挙げられます。これは自撮り画像においてとくに顕著なのですが、iPhoneカメラで撮影すると同じ風景でも黄色が強く出る傾向にあります。

これは必ずしも弱点というわけではなく、女性の自撮りでは顔がよりやわらかい印象に映る効果が期待されるため、自撮りにおいてはむしろ強みと言えるのかもしれません。また、iPhone7では視野の広い風景でのピント調整が的確に行えるという長所があります。東京駅の遠景や公園の全景など、一見するとピント調整が難しいシーンでの撮影にもiPhoneが適していると言えるでしょう。

iPhoneXを使いこなす準備!カメラの基礎から理解しよう

iPhoneカメラの性能を充分に引き出すにはまず、画質についての基礎知識から深く理解する必要があります。たとえば、「画素」という用語はよく聞きますが、具体的に何を意味しているのでしょうか。液晶画面上で表現される画像や動画はすべて、「ドット」とよばれる点の集まりで構成されています。

このドットの数を表すのが画素数であり、つまり、画素数が多いほど同じ画像でもより細かいところまで鮮明に再現できることを意味しています。画質の高さを左右するのは画素数だけではありません。解像度や焦点距離など、スペックにかかわる用語をひとつひとつ理解し、iPhoneXを使いこなすためのプランを今のうちに立てておきましょう。

過去のiPhoneシリーズのカメラ性能を考えても、iPhoneXで極端に画質が落ちるようなことはないと断言できます。むしろ、次世代型デュアルカメラを実装することで高精度ズームを実現し、プロレベルの撮影にも対応するのではないかと期待されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ