持っていて安心なiPhoneXのバッテリー内蔵型ケースとは

「いちいちコードにつないで充電するのが面倒」、「iPhoneを連続でもっと思いきり楽しみたい!」。そんなヘビーユーザーにぴったりなのがバッテリー内蔵型ケースです。保護ケースそのものにバッテリーを内蔵し、コードにつながなくても随時充電が可能になるというのですから、まさに至れり尽くせりですよね。バッテリー内蔵型ケースのメリットやかしこい選び方についてまとめてみました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXのバッテリー内蔵型ケースはこんなに便利!

バッテリー内蔵型ケースのいちばんのメリットは、もちろん、「iPhoneを持ち歩きながら充電できる」ことです。スイッチつきのタイプであれば必要な時に随時電気を補充することができるため、普段iPhoneを使いすぎていざという時に充電がない……という事態をふせぐことができます。iPhoneXで毎日のように長時間動画やゲームを楽しむユーザーにはうってつけのケースであり、仕事柄出張や外泊の多いビジネスマンにもおすすめとなっています。また、このケースがあるかぎり充電コードが必要なくなるため、iPhoneの付属品をしょっちゅうどこかになくしてしまって困っている人も安心して使うことができます。

バッテリー内蔵型ケースのデメリットと注意点

持ち歩きながら好きな時に充電ができる……いいことずくめに思えるiPhoneのバッテリー内蔵型ケースにも、いくつかのデメリットがあります。一部のユーザーからすでに指摘されている短所としては、そのデザイン性が挙げられます。現在主流となっているバッテリー内蔵型ケースは構造上どうしてもバッテリー部分が出っ張る恰好になり、ファッション性を重視するユーザーからは「これまでのiPhoneらしくない」と不評のようです。けれど、実際の写真を見るとそれほど極端に背面が目立っているわけではなく、むしろその凹凸がアクセサリーとしてクールだという意見もあるほどです。もうひとつのネックは価格です。現時点で出まわっているバッテリー内蔵型ケースは純正品で1万円超えと一般的な保護ケースと比較するとやや高価になり、iPhone付属のアクセサリーのなかでも決して安いほうではありません。ただし、純正品にこだわらなければ4000円程度で手に入る内蔵型ケースもあり、充電性能も純正品と大きく変わらないため、アクセサリーにそれほどお金をかけたくない人にとってはちょうどいい選択肢になるかもしれません。

バッテリー内蔵型ケースで過充電は大丈夫?

バッテリー内蔵型ケースによってiPhone7sを常時充電できるということで、過充電が気になるというユーザーも多いかもしれません。Apple側もその問題についてはもちろん考慮に入れており、仮に1日中ケースに入れて充電状態になっていたとしても過充電による爆発などが起きないように設計されています。バッテリーの消耗が極端に激しくなるということもありませんので、アウトドアにも便利なバッテリー内蔵型ケースを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

いつでもどこでも充電可能なバッテリー内蔵型ケース。純正品だとやや高価なアクセサリーになりますが、純正品以外では数千円単位のリーズナブルな製品もリリースされています。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ