iPhoneXのカード一体型ケースの特徴とは

ICカードと保護ケースをセットにしてしまうカード一体型ケースはまさに、合理性を追求するiPhoneシリーズらしい発想と言えるでしょう。ケースとICカードが一体になったことによって、日常生活がどのくらい便利で豊かになるのでしょうか。ケースの機能面だけでなく、アクセサリーとしてのファッション性にもスポットをあてて御紹介していきます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

カード一体型ケースはこんな時に便利!日常を豊かにするアクセサリー

カード一体型ケースの便利さが最もダイレクトに実感できるのは、公共交通機関での移動の場面ではないでしょうか。SuicaなどのICカードの普及によってわざわざ切符を買って改札機に通す手間はなくなりましたが、それでも、カードをいちいち財布やポケットから取り出すのはやはり面倒ですし、混雑するラッシュ時などは周囲への迷惑にもなります。あらかじめiPhoneXとICカードをセットにしておけば、端末をリーダーにかざすだけでワンタッチで改札を通ることができるため、おサイフケータイと同じスピーディさが味わえます。最近はタクシーでもICカードが使えるようになっているため、ひと昔前のように細かい小銭を取り出す苦労もなくなります。

おサイフケータイ対応になってもケースの需要がなくならない理由

カード一体型ケースはもともと、iPhoneがおサイフケータイに完全対応するまでのつなぎと見られていました。端末そのものにICカードを取り込んでしまえば同様の効果が得られるのですからそれも当然ですが、現時点での動向を見るかぎり、iPhoneX以降もケースの需要は落ち込まないとの予測が立てられています。おサイフケータイとして端末に取り込めるICカードの種類はかぎられており、おサイフケータイそのものも未だに過渡期であることを考えると、少なくともiPhone8あたりまではカード一体型ケースと併用するかたちになるのではないかと見られているのです。また、今後リリースされるケースはオシャレ度もぐんとアップしており、iPhone付属のアクセサリーとしても充分に自慢できるクオリティであるため、実際にはICカードを挟まなくてもデザイン性が気に入って使いつづけているというユーザーも一定数いるそうです。

デザイン性も抜群!アクセサリーとしても超クール!

機能性を重視した保護ケースというと、ついついデザイン性のほうが心配になってしまいますが、iPhoneX対応のカード一体型ケースはオシャレ度も追及されており、アクセサリーとして若い女性が持ち歩いても違和感のないファッション性をそなえています。iPhone本体とカラートーンを合わせるもよし、あえて色合いにギャップをつけることで個性を見せるもよし。その人らしさが自由に演出できるiPhoneXのカード一体型ケースをぜひ一度お試しください。

iPhoneをおサイフケータイがわりにできる画期的な発想のカード一体型ケース。機能性はもちろんのことデザイン性も納得のいくレベルで、オシャレなアクセサリーとしても自慢することができます。iPhoneXではおサイフケータイにも完全対応すると見られていますが、アプリをわざわざインストールするのが面倒な人には一体型ケースのほうが便利かもしれません。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ