iPhoneXの保護フィルムにハードタイプはある?

大切なiiPhoneXの液晶画面を守るためになくてはならない保護フィルム。初心者のうちは違いがわかりにくく、「ただ何となく選んでいる」という方も多いのではないでしょうか。保護フィルムと本体との関係は実は密接で、相性の合う保護フィルムを選ぶことによってiPhoneXをより快適に、使いやすくカスタマイズすることができます。保護フィルムの種類と加工パターンの違いについて深く掘り下げて解説していきます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

種類もいろいろ!iPhoneシリーズの保護フィルム

液晶画面を守るアクセサリーとしては、「保護フィルム」と「ガラスフィルム」があります。どちらも画面を保護する点では同じ役割をもちますが、いちばんの違いは素材です。保護フィルムはポリプロピレンテレフタレートという化学成分からつくられており、透明で薄いのが特徴で、液晶画面の感度を損ねないというメリットがあります。一方のガラスフィルムは、読んで字のごとくガラスを原材料にしてつくられたフィルムです。もともとガラスのため保護フィルムよりも厚みがあり、その分強い衝撃にも耐えられるのが大きな長所です。また、液晶画面に軽く貼りつけるだけで固定できるため保護フィルムのように気泡が入りにくく、フィルム交換にも手間がかからないというメリットがあります。価格面で比較すると保護フィルムのほうが断然リーズナブルであり、なおかつ機種を選ばずに貼りつけられるという特徴があります。ガラスフィルムでも手頃なところでは数百円単位のものがありますが、安定した衝撃吸収性をもとめるのであればやはり、1000円~5000円と、ある程度の出費は覚悟したいところです。

液晶画面のうれしいオプション加工まとめ

保護フィルムの役割は、液晶画面を衝撃から守ることだけではありません。iPhoneXを毎日長い時間使用するユーザーにとってうれしいブルーライトカット加工は今や、保護フィルムに必須の加工になってきました。満員電車でも他人に画面をのぞかれずに安心してiPhoneを使える覗き見防止加工は、多少画面映りが暗くなりますがビジネスマンやOLさんにとってはありがたいオプションではないでしょうか。ラウンドエッジ加工が施されたガラスフィルムならフィルム両端が曲線的になり、iPhone本体がよりもちやすくなります。また、保護ケース同様、フィルムそのものに衝撃吸収加工が施されているタイプもあり、iPhoneを扱いなれていないビギナーにはとくにおすすめです。保護フィルムもガラスフィルムも付属アクセサリーとしては定番のためどこのショップでもすぐに手に入れることができます。

画面保護のアクセサリーとして不可欠な保護フィルム。細かい違いを把握せずに選んでしまうと、アクセサリーとしての性能を充分に引き出すことができません。なめらかな操作感を重視するなら保護フィルム、より確実に液晶画面を保護したいならガラスフィルム、というのがオーソドックスな基準のようです。あとはiPhoneとの距離感に合わせて、必要なオプション加工を見きわめていくのが上級者のかしこいアクセサリー選びと言えそうです。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ