カメラ撮影にも活躍!iPhoneXの三脚

カメラの性能がシリーズ史上最高になるのではと期待されているiPhoneX。付属アクセサリーである三脚を使えばさらに手軽にクオリティ重視の写真や動画を撮ることができます。三脚を使いこなす前提として必要になるiPhoneXのカメラについての基礎知識をまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXのカメラ機能は本当に進化しているか

せっかく使いやすい三脚を買っても、iPhoneXのカメラ機能の仕組みを基本から理解していなければ納得のいく写真を撮ることはできません。iPhoneにかぎらず、カメラの性能は画素数とズーム能力によって決まります。画素数は写真の解像度とも深く関係しており、画素数が多いほどより細かい点(ドット)で画像を表現できるためきれいであざやかな仕上がりを実現できます。最大で1200万画素を実現したiPhone7の解像度はiPhoneXでも受け継がれる見通しで、光学ズームの性能もデュアルカメラの性能向上に比例していちだんと進歩するだろうと期待されています。初心者にとって欠かせない手ぶれ補正ももちろん健在で、子どもの運動会など、動きの激しい被写体にもしっかりとピントを合わせられるのはiPhoneならではの技術力です。記憶容量も格段に増量されているため、長時間の動画などを端末にいくらでも保存しておくことができます。SDカードなど外部記憶アクセサリーをうまく組み合わせて、お気に入りの写真や動画をいつまでもとっておきましょう。

iPhone上級者こそ知っておきたい!SNSの落とし穴

iPhone上級者ともなると、写真の加工やコメントにも慣れ、よりオリジナリティのある作品をSNSにアップして、フォロワーを増やしたくなるものです。しかし、SNSへの画像のアップロードには、いくつか気をつけなければいけない点があります。SNSは言うまでもなく、自分の現在地を全世界にアップするアプリです。言いかえれば最大級の個人情報をネット上にばらまいていると言えるわけで、投稿には細心の注意が必要になるのです。まず、最低限の注意点として、居場所を特定できるような投稿はやめましょう。フォロワーを増やしたいとあせるあまり、ついついセキュリティ意識が無防備になりがちですが、悪質なストーカーは、あなたの投稿を細かくつなぎあわせて住所を特定します。公開範囲がフォロワーに限定されているとはいえ、具体的な地名(道路標識など)を写真の中に入れることは、住所をストーカーに教えてしまうのと同じ意味なのです。写真を撮るのは特別な旅行やレジャーの時だけにして、ふだんの生活圏内からはなるべく投稿しないようにするなど、最低限のセキュリティ意識が必要です。写真のテクニックだけでなく、個人情報を守る知識も増やしたいですね。いろいろとこわいことを書きましたが、きちんとルールを守って遊べばSNSはとても楽しいアプリです。

高性能のデュアルカメラが標準搭載される見通しのiPhoneXなら、手ぶれを気にせずに一瞬の光景を写真や動画におさめることができます。アウトドアが趣味なら付属アクセサリーの三脚と組み合わせ、集合写真や自撮り写真を撮ることも可能です。撮影した写真や動画をSNSにアップする場合は個人情報を特定されないよう充分に注意しましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ