iPhoneX、人気殺到で品薄の心配も…?

11月に発売されるiPhoneの最上位機種であるiPhoneXは、発売されてからも当分品薄状態が続きそうです。本年の年末はもちろん、それ以上に品薄状態が続きそうですので、その理由や背景について知っておくとよいでしょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXの品薄状態はなぜ続く?

iPhoneXとは2017年11月に発売されるiPhoneシリーズの最上位機種です。そのフォルムは美しく、有機ELディスプレイを使用した流れるような画面が印象的です。さらには、NANDフラッシュメモリやTrueDepthカメラシステムなど量産の難しい部品がかなりたくさんあります。量産の体制についても10月中旬ごろから始まるのではないかと思われており、そうすると11月3日の発売以降の需要に対する供給が間に合わないのではないかと予想されています。

iPhoneXの品薄状態はいつまで続く?

iPhoneXには、大量生産に向かない部品が数多くあります。特に有機ELディスプレイは大量生産をすることができないことから、現在1日に10000台ペースでしか生産できないといわれています。そのため、発売当初はもちろんのこと、それ以外にも注文過多の状態が続き、アナリストの見方では、iPhoneXの在庫不足が年末のホリディシーズンまで継続するのではないかとみられています。これは、複数の投資家の見立てであり、Wall Street Jounalでも報道されていました。ですので、確実にiPhoneXを手に入れるのでしたら、予約開始日にすぐ予約をすることが必須となるでしょう。

特に深刻な在庫不足になると予想されるモデル

iPhoneXにおいて特に品薄状態が予測されるモデルが、新色のブラッシュゴールドです。特にゴールドの製造において問題が発生しているという報道も起こるくらい、ブラッシュゴールドの品薄は避けて通れない問題でしょう。ですので、ゴールドモデルだけは、ほかのiPhoneXシリーズより後から発売される可能性もあります。発売日の数量が限定されるのか、それとも発売日自体が遅れるのかについては、どちらかはっきりとはしていません。

iPhoneXについては、大量生産に向かない有機ELディスプレイや、複雑な部品を持ったTrueDepthカメラシステムなどが含まれていることから、発売日から数か月たっても品薄状態が続くと予想されています。特に新色のブラッシュゴールドは深刻です。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ