来年先まで品薄状態!?iPhoneXの予約状況

11月初旬の正式リリースが発表されたiPhoneX。しかしながら、生産ラインの問題が未だに解決されていないのか、発売後も当面は品薄状態がつづくと言われています。なぜ、iPhoneXの品薄状態はここまで長期化してしまうのでしょうか。生産の裏側について気になる情報をまとめました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

品薄は来年まで?iPhoneXの無視できない誤算

iPhoneXが長期的な品薄状態に置かれることは、事前リークの段階からある意味で既定路線でした。それというのも、Appleの伝統である完璧主義の影響で部品のひとつひとつに予想をうわまわる生産コストがかかり、そのうえパーツの供給そのものも滞っている状況であり、むしろ予定通り順調に供給できることのほうが不思議という状況にまで追い込まれていました。にもかかわらずAppleがそれでも量産体制に切り替えず、当初の完璧主義を貫いたのは、ジョブズ氏の意向を引き継いでいるためであり、ユーザーに少しでも良い製品を提供したいという良心の表れでもあるのです。

iPhoneXとiPhone8、結局どっちが使いやすい?

iPhoneXが手に入らないのなら当面の間iPhone8で使用感に慣れておく、という方法も決して悪くはありません。iPhone8もまた注目端末ではありますがiPhoneXほど品薄が続くわけではなく、予約さえすれば順当に手に入れられると見られています。基本的なデザインや機能はiPhone8もXもそれほど変わりはないため、iPhone8を廉価版として位置づけるユーザーも少なくないようです。ただ、いずれiPhoneXを購入するつもりならば多少待ってでも最新モデルを手に入れたほうがコスト的にも安くすむかもしれません。

iPhoneXの品薄で結局誰がいちばん損をした?

どんな理由をつけたとしても、リリース後の品薄状態は起業にとって本来もっともさけるべきアクシデントのはずです。iPhoneXの品薄騒ぎでは第一に部品の供給メーカーが打撃を受けたことになり、その余波はもちろん本体のAppleにも及んでいると言われています。また、iPhoneXについてPRしなくてはならない各携帯会社やアナリストも少なからず影響を受けており、この波紋は少なくとも来年以降になるまでおさまらないと見られています。もちろん、一連の品薄騒ぎに大いにふりまわされたのがユーザーであることは言うまでもありません。

ほぼ間違いなく、iPhoneXの品薄状態は年明け以降も継続します。場合によっては春先にかけても手に入りにくい状況がつづくと見られており、すべてのユーザーにiPhoneXが行きわたる日はまだまだ先の話になりそうです。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ