iPhoneXで手書き機能を使ってできること

iPhoneにはさまざまな機能がありますが、iOS10という最近のiPhoneから搭載された機能の一つに手書き機能があります。もちろん、今後発売が予定されているiPhoneXについてもその手書き機能はより充実すると考えられます。iPhoneXは、手書き機能でできることも増えていくと考えられますので、知っておくとよいでしょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXの手書き機能でできること

手書き機能といえば、文字入力の際に読み方がわからない文字を手書き入力機能によって調べることができます。iPhoneではこれをアプリケーションではなく、もともとの機種に搭載していますのでアプリをダウンロードしなくてもこの機能を使えます。文字入力の際に手書き機能を使うのであれば、設定から一般をタップし、キーボードを2回タップします。そして新しいキーボードの追加というところをスクロールして手書きを選択します。手書きを選択して完了を押すことで、手書き入力を可能にします。実際に使うときはキーボードの地球儀のマークをタップすると手書きのアイコンが出てきますので手書きをすることで読み仮名を調べられます。

iPhoneXなら手書きメッセージを送ることもできます。

iPhoneXのOSすなわちiOS10で加わった特筆すべき機能の一つに手書きメッセージ機能があります。これはまるで手紙のように手書きで書いたメッセージを送受信することができる機能です。これは、iPhoneの独自機能でありますので、そのメッセージを送受信するためにiMessageが必要です。しかしながら、iPhone導師であればiMessage機能を使って手書きのメッセージをやり取りすることができます。お誕生日おめでとう!などのメッセージを手書きすることでより心を込めて伝えることができますし、受け手も喜ぶでしょう。

iPhoneXにおける手書きメッセージの使い方

手書きメッセージを送るといっても操作はさほど難しくはありません。まず、ホーム画面からアプリを開き、そこで宛先入力をするか既にあるスレッドを開きます。そこで本体を横向きにすると手書き入力画面になり、一本指でメッセージを書きます。画面下にある既存メッセージをタップすることでも入力できます。もし、iPhoneを横向きにしてもキーボードが表示される場合は手書きアイコンをタップすると手書き画面になります。そして、メッセージを保存して完了をタップし、送信ボタンを押して送信できます。iPhoneXでも可能な手書きメッセージ機能は、新たなコミュニケーションの手段として着目されています。

iPhoneでは手書き入力ができる機能として、手書きで漢字の読みを調べたり、iMessageで手書きメッセージを送受信することができる機能があります。iPhoneXについてもよりその手書き入力でできることが増えていくと考えられます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ