iPhoneXのタフネスケースにはどれくらい種類がある?

ソフトケースやハードケースでは衝撃吸収性の面で満足できないiPhoneユーザーに愛用されているのがタフネスケースです。液晶画面以外をがっちりと覆うデザインのため、たとえばアウトドアなどで硬い岩場に端末を落としたとしても故障のリスクはほとんどありません。おしゃれ度が年々上がっているのも女性にとってはうれしいところ。豊富なカラーバリエーションとの組み合わせでファンシーからクールビューティーまであらゆる場面で使えるアクセサリーとして自在にカスタマイズすることもできます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneの歴史とともに振り返るタフネスケース進化論

タフネスケースの進化をたどっていくと、iPhoneの歴史と変遷を振り返ることにつながります。iPhoneシリーズの脆弱性は初期の時代から一貫して指摘されていたことであり、通常のソフトケース程度では完全には端末を保護しきれないという現実がありました。タフネスケースの登場によって、iPhoneシリーズ最大の弱点であった脆弱性が克服されることになり、壊れやすさを敬遠していたユーザーを取り込むことに成功しました。それ以降、iPhone本体の進化と足並みを合わせるようにタフネスケースも着実に欠点をカバーし、完全防水機能や99%の防塵など、より壊れにくいiPhoneをめざすべくシリーズごとに改良が重ねられました。当初ネックであった操作性もクリアになり、ケースを極限まで厚くしながらも片手での画面操作において負担にならないような工夫が盛り込まれるまでに進歩しました。タフネスケースは高いというイメージがあるようですが、決してそんなことはありません。確かに、高度な付加機能のついたタイプはソフトケースなどと比較するとやや割高に感じられるかもしれませんが、頻繁に故障を繰り返して無駄な機種変更をするよりも性能の良いタフネスケースで端末をしっかりと守り、4、5年単位で長持ちさせたほうがはるかに経済的であることは言うまでもありません。

iPhoneXの保証期間を把握しておこう

どんなにタフなアクセサリーで保護したiPhoneXであっても、予期せぬ故障のリスクを完全にゼロにすることはできません。初心者は見落としがちですが、iPhoneXを購入する前に保証期間をきちんとチェックしておくことが大切です。iPhoneXでも過去シリーズと同様、端新品購入時には買った時点から1年間の無料保証がつけられると見られています。1年間の保証期間では不安だという方はAppleCareに加入し、期間を2年間に延長することも可能です。こちらは有料にはなりますが、iPhoneXの故障にとどまらず関連アプリのトラブル時にも迅速な対応が受けられるなど、会員限定の手厚いアフターフォローが期待できます。これらの有料サービスも保障期間を1日でも過ぎれば受けられなくなるため、期間の見落としには充分に注意しましょう。

iPhoneシリーズの進化にともない、タフネスケースも着実に変わりつづけています。強くて頑丈なのは当たり前で、最新のモデルでは完全防水機能など、端末をより完璧に保護するための18個以上のギミックが詰め込まれていると言われています。ファッション性にもすぐれているため、アクセサリーとしてカスタマイズを楽しむ女性も増えているようです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ