OLEDディスプレイは一部のプレミアムモデルのみに採用?!iPhoneXは?

2017年の今年、iPhoneは発売から10周年を記念した特別な年となります。次期iPhoneとされるiPhoneXのモデルのデザインは一新され、搭載されるのではないかという機能は、次々とうわさの的になっています。そしてその中でも搭載されることが確実視されていたOLED(有機EL)ディスプレイについてですが、どうやら一部の特別モデルにのみ限定されるのではないかとの観測がでてきたようです。
 
その根拠は、iPhoneXに搭載する予定のあるOLED(有機EL)ディスプレイの供給する能力が、追いついていないとの見解が投資会社Habelli SusantoのアナリストHendiと、OLED(有機EL)ディスプレイメーカーのUniversal Display社の役員であるDarice Liu氏との対談により明かされたからです。iPhoneXの全モデルにサプライヤーとても対応しきれないだろうとの予測のようです。しかしOLED(有機EL)ディスプレイの早期導入には期待していることは確かで、一部のモデルにだけ採用を決めたのかもしれません。その限定的なモデルはiPhoneX Plusになるかもしれないとの見解もされているようです。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhoneX予測情報 >  OLEDディスプレイは一部のプレミアムモデルのみに採用?!iPhoneXは?

錯綜するOLED(有機EL)ディスプレイのサプライヤー先

さてその肝心なOLED(有機EL)ディスプレイのサプライヤーとなるのはどこでしょうか。気になるところですが、大方の見方としては、やはりサムスンの線が濃厚であると見られています。サムスンはこれを受けてOLED(有機EL)ディスプレイ専業の子会社設立を検討しているのではないかとのうわさも当初ありましたが、これについては直後に否定するコメントを発表したとのこと。またLGも供給を目指すという宣言もしてようですし、Apple社にとって最大のサプライヤーであるFoxconnの傘下となったシャープも有力候補としてあげられているようです。Apple社はリスク回避のために、数社同時に発注するのではとの情報なども流れており、今のところはまだ確信のもてる情報はないようです。

プレミアムモデルiPhoneXに採用されるのは曲面OLED(有機EL)ディスプレイ

2017年新しいiPhoneXは3モデルになるのではないかとのうわさがあるようです。そしてその中でもプレミアムモデルにのみ、曲面OLED(有機EL)ディスプレイが採用されることがわかったとのこと。3モデルのサイズは4.7インチモデル、5.5インチモデル、そして5.5インチモデルと同サイズかそれよりも大きいサイズのプレミアムモデルの3タイプが発表されるかもしれないとのことです。そしてこのプレミアムモデルのディスプレイに曲面OLED(有機EL)ディスプレイが採用されるようなのです。ほかの2モデルは今までのフラットなディスプレイとのこと。

2017年はiPhone発売10周年ということに加え、スティーブ・ジョブズ氏のApple復活20周年という節目にあたります。iPhoneXは通常のモデルとは違ってデザインが一新されることは間違いないだろうと言われているようです。果たして本当にOLED(有機EL)ディスプレイは採用されるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ