見た目だけじゃない!iPhoneX用バンパーの特徴

「iPhoneXの保護アクセサリーは画面シートとケースで充分!」と考えている皆さん、ちょっとお待ちください。大切なiPhoneXをよりファッショナブルに衝撃から守るためのツールとしてバンパーケースがあります。バンパーケースは保護ケースと違いiPhoneの側面を中心にガードするタイプで、端末のデザインを損ねないという大きなメリットがあります。iPhoneXで採用予定のバンパーの特徴と選び方についてまとめました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

こんなに優れもの!保護ケースにはないバンパーのメリット

iPhoneの背面や画面全体をカバーする保護ケースももちろん端末を守るアクセサリーとしては有効ですが、端末側面を保護するバンパーケースもまた充分に高い保護性能を発揮します。iPhoneの場合、液晶画面には強化ガラスが使われているため衝撃には強いのですが、側面のほうは意外と脆弱で、ちょっとした衝撃でも傷ついたりボタンがこわれてしまったりするリスクが指摘されていました。その意味で、最も弱い端末側面を重点的にカバーするバンパーケースは発想として非常に合理的であるとも言えます。また、最新のiPhoneモデルでは画面が湾曲したフルフラットなディスプレイが採用されるとの見通しが強まっており、強度の弱い側面を補強するバンパーの重要性がよりいっそう高まってくると見られています。iPhoneならではのリンゴマークが隠れないこともコアなユーザーにとってはうれしいポイントのようです。

短所を長所に!バンパーケースの弱点も知っておこう

装着が簡単で、iPhoneXを効率よく保護することができるバンパーケースですが、アクセサリーである以上やはり弱点もあります。バンパーケースの使いにくいところとしてまず挙げられるのは、耐久性の弱さです。端末側面についてはバンパーによってほぼ確実に保護できるものの、背面と液晶画面のほうはとくに守られていないため、落下による画面割れや本体背面の汚れを完全にふせぐことはできません。また、側面にきっちりはめこむタイプのバンパーケースでは本体の電源ボタンや音量ボタンが使いにくくなる場合があり、愛用の機種にフィットするケースを選ぶ必要があります。

バリエーションいろいろ!素材にこだわるバンパーケース

その形状からどうしてもデザインの幅がせまくなってしまうバンパーケースですが、素材のバリエーションは豊富で、iPhoneXをよく使うシチュエーションに合わせて自由に組み合わせることができます。一般的なのはラバーやアルミ素材で、値段も手ごろで軽量感があることから年代を問わず多くのユーザーに支持されています。耐久性を何よりも優先させたいのであればジュラルミン素材がおすすめです。金属製のため本体の重量が増し、価格もやや高級になりますが、職業柄端末を傷つけやすい人や高価なiPhoneを絶対にこわしたくない人などに根強い需要があるようです。

iPhoneXの弱点とも言える側面を重点的に保護できるのがバンパーケースです。デザインはかぎられるものの端末そのもののデザイン性を存分に活かすことができ、オシャレなアクセサリーとしても充分に機能を果たします。素材を工夫することで耐久性をさらに上げることもできるため、用途と予算をよく考えて長く使えるものを選びましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ