今までのiPhoneからiPhoneXに乗り換える際に移行できるデータはどこまで?

iPhoneを使い続けてきた方々にとってもはやおなじみになっているのが、最新機種購入に当たってのデータ移行です。これは慣れている人にとってはもはや作業といってもいい行動になっておりますが、それはiPhoneXでも同じなのでしょうか。それ以外の方法は無いのか、色々と探っていきましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

今まで通りのやり方は使える?

iPhoneを最新の機種に変更したときにデータ移行をさせる方法として、最も一般的なものはiTunesを経由してのバックアップです。これはもはや慣れたもので人によっては、二桁に到達する直前の人もいるでしょう。

そのやり方についてはもはや当たり前のものとなりつつあるので詳細は省きますが、今まで通りにiTuneを起動→iPhoneをパソコンに接続してiPhoneの管理画面に移動→「今すぐバックアップ」をクリックをしてまずは古いiPhoneのデータをバックアップさせます。

iPhoneXを手に入れたのなら、iPhoneXをパソコンに接続してiTunesを起動します。その後はiTunesからiPhoneの管理画面に入る→「バックアップを復元」をクリックする→バックアップデータを選択→「復元」をクリックで終わりとなるでしょう。当たり前の作業になっている人も多いですが、パソコンを経由する人もいるので煩わしさを感じる人もいます。

新しい方法があるの?

このようにiTunesを経由するやり方はiPhoneXになっても問題なく使えるものになりますので、この作業内容を苦に思っていない方は今まで通りのやり方で行ってもいいでしょう。しかし、iPhoneXではこの煩わしさをなくすために「AnyTrans」と呼ばれるデータを直接移行できるツールが登場したので、機種変更が一気に楽になることが予想されております。

使い方はとってもシンプルで、「AnyTrans」をダウンロードして、起動します。そしてデータ移行をしたいiPhoneとiPhoneXをUSBケーブルでパソコンに接続し、旧iPhoneの管理画面に入ってデータ一括管理画面へ移行し、対象デバイスを選択、iPhoneXへデータ移行したいものを選択するだけです。非常にシンプルで簡単な方法になっているので、おそらく多くの方が利用するツールとなるでしょう。

仮に、古いメッセージなども移行したい場合はクローンかマージ機能を使えば問題なく移行できますので、不便さは感じないでしょう。必要なデータを選択して移行ボタンをクリックするだけなので、不要なデータを移行せずに済みますし、iTunesやiCloudでは移行できないような動画や音楽データも問題なく引っ越しさせることができます。非常に便利な機能となっているのです。

古い方法も使えるが最新方法がとても便利

今まで取りのiTunesやiCloudを使っての移行もiPhoneXでは問題なく使えますが、このように「AnyTrans」を使ったデータ移行が圧倒的に簡単なので、パソコンを持っている方はこの方法が一番楽と言えるでしょう。特に、iTunesを使ってのデータ移行をされていた方はパソコンを経由していたので、この方法を特に面倒に思うこと無く取り入れることができると思います。

iPhoneXのデータ移行で多くの方に受け入れられると予想されている「AnyTrans」ですが、まだiPhoneXは発売されていないので、その恩恵に授かったという方は少ないようです。実際に使ってみることでどれだけ優れているものなのかがわかってくるのが通説であり、このツールの評価はこれからさらに高まることが予見されます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ