iPhoneXは広角レンズに対応している?

iPhoneにはなくてはならないものとなった広角レンズ撮影機能。仕組みが一見複雑そうで、ビギナーにとってはちょっととっつきにくいかもしれませんが、元もiPhoneで手軽に写真や動画を撮影できるように設計されたものなので、基本的なポイントさえ押えれば誰でもすぐにオリジナリティあふれる画像を撮ることができます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

広角レンズの性能をさらに引き出すハイスピードセンサー

iPhoneで鮮明な写真や動画が撮影できるのは、ハイスピードセンサーのおかげです。私たちが普段目にしている1枚の写真は、実はフレームとよばれる細かい単位に分けられており、より細かいフレームに分割するほど写真としての仕上がりがあざやかになります。動画の場合も同様で、いわゆるコマ数を多くした動画のほうがよりなめらかに映ります。このあたりの原理はアニメーションとほとんど同じですからわかりやすいですね。ちなみに、コマあたりの再生時間をひきのばしたものがスローモーション再生であり、基本的な仕組みとしてはコマ送りと変わりません。iPhoneXではデュアルカメラの性能がよりいっそう進化すると見られており、広角レンズはもちろんのこと、デュアルカメラやハイスピードセンサーも必須アクセサリーとして強化されるとの期待が高まっています。

iPhoneXでプロ級の動画を撮りたい!ビギナーに教える簡単なコツ

iPhoneXでも必須アクセサリーになること間違いなしのカメラ機能。「iPhoneXできれいな動画を撮ってSNSにどんどんアップしたい!」というユーザーも多いこと思います。ビギナーであってもユーザーになったその日からプロ顔負けのハイセンスな動画を簡単に撮影できるのがiPhoneシリーズのすごいところ。標準搭載の撮影オプションを活用するだけでも充分に楽しめますが、SNSのライバルたちに一歩差をつけるためには、動画撮影の上級テクニックを身につけることがどうしても必要です。インパクトのある写真や動画を撮るうえでまず大切なのは、被写体にあまりこだわりすぎないことです。ビギナーのうちはどうしても、「何を撮ろう」ということにばかり気を取られがちですが、それよりも重要視すべきは被写体との向き合い方であり、「どのように撮るか」という問題なのです。iPhoneシリーズiPhoneXでもデュアルカメラやハイスピードセンサーが標準アクセサリーとして搭載される見通しであり、それらの機能を使えばたとえ初心者であっても被写体を選ぶことなくクオリティの安定した写真や動画が撮影できるスペックになっています。撮影する側の個性がもっとも表れるのは構図やアングルであり、被写体をどう料理するかによって同じ素材でもがらりと見え方が変わることがあるのです。広角レンズはピントの合わせやすさが最大の特徴ですが、あえてピントを少しぼかすことによって幻想的な雰囲気を演出してみたり、動画であればスローモーション機能を上手に組み合わせることによって映像にメリハリをもたせたりと、自分だけの撮影パターンを見つけていくこともiPhoneXのカメラアクセサリーを使いこなす早道です。

iPhoneXの広角レンズ機能を使えば、iPhone初心者でもプロ級の鮮明な写真やおもしろ動画を撮ることができます。デュアルカメラなどのアクセサリーを使いこなして、SNSでも注目される自分だけの作品を発信しましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ