iPhoneXは3Dセンサーを搭載?!搭載されたら何ができる?

いよいよiPhoneXの発売も間近となってまいりました。通常どおりですと、9月の後半ごろに発売予定のiPhoneX。そこに搭載されるとうわさの機能には、これまでにもさまざまなものがありました。なかでも3Dセンサーの搭載。iPhone向けにカメラ部品を提供している、サプライヤーのLargan Precision社が、3Dセンサーの出荷について言及したとのことで、機能搭載に真実味を帯びてきました。そこで、この3Dセンサーについて、いったいどのようなもので、何ができるのかを、もう一度確認してみましょう。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhoneX予測情報 >  iPhoneXは3Dセンサーを搭載?!搭載されたら何ができる?

生体認証システムが向上する?

まずは、生体認証システムの向上です。今までのFaceTimeカメラでも、顔認証は行えるのですが、二次元での認証になるので、実は顔写真でも読み取ってしまうことがあります。とてもセキュリティとしては、完全とは言えないレベルのものなのです。3Dセンサーをそこに追加すれば、奥行きのある認証が可能となるため、セキュリティの精度は格段にアップするのです。
これまでiPhoneXは、Touch IDの搭載にこだわってきたように見えましたが、ここにきてこれを廃止するのではないかとの情報が流れてきたのです。Touch IDの代わりになるものとしてこの3DセンサーをiPhoneXに搭載するのではないか。そんな推測が、巷では盛り上がってきたのではないでしょうか。
Touch IDが廃止される理由としては、やはりディスプレイに埋め込むという技術に問題があり、いまだにそれが解決できていないのが原因のようです。
iPhoneXに3Dセンサーを代わりに搭載すれば、顔や目の虹彩を使用した生体認証が可能となりますが、実際にはどちらが使われるのか、また両方を組み合わせるのかなどという情報はまだ不明のままです。

iPhoneXにAR技術が採用?

次にARアプリの利用。ARという技術とは拡張現実のことで、最近ではARを使った大人気のゲームアプリ「ポケモンGO」で話題となりましたよね。カメラを通して現実の風景を見ると、そこに仮想の情報が重なって現れます。VR、つまり、自分が仮想現実に入り込んでしまうバーチャルリアリティーとは違って、現実の世界を拡張される技術なのです。それが3Dセンサーを搭載することで使用可能となるわけなのです。Apple社はまた、ArkitというARアプリの開発を加速させるための、開発者向けツールを公開しました。このことから、ARアプリの技術向上を図っていることが読み取れますよね。iPhoneXで、このAR搭載されるのかどうか、今後わくわくしながら注目ですね。

3Dカメラで3次元の写真が可能に!

最後に3D写真の撮影。3Dセンサーカメラで撮影した写真は、とても立体感のある画像になるだろうと考えられます。FaceTimeカメラで撮った写真に3Dセンサーカメラで読み取ったデータをはめることで、3次元の写真が実現するだろうと考えられているのです。

3Dセンサーカメラではこのように夢のような技術が宝箱のように詰まっています。iPhoneXに本当に採用されるのかどうか、とても気になりますよね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ