iPhoneXにはAR技術が生かされている?

AR技術とは、拡張現実と呼ばれている次世代の技術開発のことであり、Apple社は力を入れて開発をしているということで知られています。写真に写る現実を拡張することで、実生活においても便利な機能がたくさんあります。そのため、大型家具や大型家電が部屋に入るか、入るとすればどのようになるか、ということまで取り上げられています。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneに搭載されるAR技術とは?

近年大ヒットしたゲームにも搭載されているとして注目された話題のワードが「AR」です。ARは、「Augmented Reality」の略であり、目に見える世界を「仮想的に拡張する」ということです。

ARは、iPhone7に搭載されている技術であり、現実世界に視覚映像を重複表示させるというものです。iPhone7シリーズはかなりカメラの技術が優れていることで知られていますので、今後販売されるというiPhoneXシリーズのAR機能についても、より役に立つものではないかと期待されているのです。

AR技術を応用すると、どんなことができる?

視覚拡張システムであるAR技術を応用すると、いろいろなことができるようになります。例えば、家具店のカタログでAR技術を応用したものですと、スマホカメラと連動してそのカタログを買ったときに部屋がどのようになるのかをCGで再現することができます。大型家電についても同じことができるものがあり、そのため、大型家具や家電をインターネットで購入するとしても部屋のサイズにピッタリのものが置けます。

さらに、和訳したい文字をカメラに取るだけで和訳してくれるソフトが出るなど、ARの技術は群を見張るものがあります。

iPhoneXシリーズに搭載されるAR技術への期待

特にiPhoneXに搭載されるのではないのか、と言われているのがiPhoneの生みの親Apple社の新しい技術です。これは、iPhoneで撮影した特定のオブジェクトに変化を加えるというものです。たとえば、被写体との距離を今まで以上にはっきりと表現したり、180度傾けて撮影することができたりする機能です。

また、合成技術も盛んにおこなわれています。そのため、世界中のいってみたいところに自分が行ったかのような写真を撮ることまでできるのではないかと言われています。特に、iPhoneXは2017年秋ごろに販売されるのではないかと言われており、そのiPhoneXに搭載されればよいなと思っている人も多いようです。新しい技術に触れられることで、よりカメラに詳しい人はワクワクしますし、そうでなくても、生活するうえで便利な機能が搭載されていますので、喜ばしいことでしょう。

このように多方面の技術、機能が期待されているAR技術は、2017年の秋に発売される言われているiPhoneXに搭載されると期待されています。生活がより便利になる機能であるとファンからの視線を集めています。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ