iPhoneXのロック解除方法

iOS10ではスライドでのロック解除システムが廃止されたことで、旧シリーズに比べて使い勝手が悪くなったと指摘されていました。この点をiPhone7sではどのような形でクリアしているのでしょうか。代表的な端末ロックの方式についてもまとめてみました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ロック解除方式が変更された理由

ひとつ前のiPhone7では、端末を手前に傾けてロックを解除する方式が採用されていました。ホームボタンにふれなくてもスリープモードを解除できるのですから便利そうにも思えますが、ユーザーの間ではこの方式は意外に不評で、iPhoneXでは初期型のように指を画面上でスライドさせてロック解除を行う方式の採用が強く望まれていました。しかしながら、すでに噂になっている通りiPhoneXではオールフラットタイプの液晶画面が採用される見通しで、ホームボタンを押すことでロックを解除する方式も廃止されることになりそうです。したがって、iPhoneXでも端末を傾けてロックを解除するシステムが採用されるだろうと予測されています。

iPhone7のロック解除方式の評判が良くない理由

iPhone7のロック解除方式の大きなデメリットは、第一にバッテリーの消耗が激しくなることです。端末をほんの少し傾けただけでもスリープモードが解除され画面がオンの状態になってしまうのですから、必要のないときにまで画面が点灯することになり、その分だけ電池の減りが早くなってしまいます。言ってみればiPhone端末を無駄に稼働させているわけですから、電池の消耗以外にも基盤の劣化などが気になります。また、歩いているうちにスリープモードが解除されれば当然誤作動のリスクが高まりますし、重要なデータを知らないうちに消しているかもしれません。これだけ問題点の多いロック解除方式をなぜiPhone7sでも継続して採用しようとしているのか謎が深まるばかりですが、それならばせめて傾き判定のセンサーの感度を多少鈍く設定するなど、誤作動への配慮を徹底してもらいたいものです。

画面ロック方式についても知っておこう

iPhoneXのロック解除機能についておおよその見通しを立てたところで、今度はロック方式のパターンについて把握しておきましょう。iPhoneユーザーにとっておなじみのロック方式は指紋による認証やパスワード認証ですが、その他にも画期的なロックシステムが次々に開発され、実用段階に入っています。もうすぐ実用化という段階までこぎつけているのは声帯認証機能で、究極の個人情報と言われる声紋をロックキーに利用することで万全のセキュリティを実現します。声紋認証よりもさらに確実で手軽な認証方式として虹彩認証機能が注目されています。虹彩は指紋や声紋と同じく人によってもっている情報が違うとされており、iPhone端末の画面認証方式としても利用価値があるのではないかと研究が進められています。これ以上ない個人情報の生体認証にいち早く目をつけたAppleはやはりただ者ではありません。

iPhoneXでどのようなロック解除方式が採用されるかははっきり言って未知数です。生体認証はさすがにまだ先の話だとしても、ユーザーとしてはせめて、不便きわまりないiPhone7の解除方式からは脱却してもらいたいものです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ