iPhoneXの照明の明るさをコントロールするには右上から?

iPhoneXの発表によって期待度が一気に高まっているiPhoneですが、今までのiPhoneでできたことが同じようにできるのかを気にしている人も多いのでは内でしょうか。その心配事に一つが照明の明るさコントロールとなります。iPhoneXでは照明の明るさ調整はどうなっているのでしょうか。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneの明るさ調整について

iPhoneの明るさ調整の方法はいくつかありましたが、最もやり方として簡単だったので使われる頻度が高かったのが、画面の下端を上にスワイプしたことで出てくるコントロールセンターにある明るさ調整スライダーを変更させるだけです。ただし、これだけでは明るさの自動調整機能を解除していないので、明るさが勝手に変わってしまうようになります。

それを避けるためには、初期設定されている明るさ自動調節機能を解除する必要があるのです。その方法は設定アプリを開いて、一般をタップし、[アクセシビリティ]を選択してください。その中にディスプレイ調整という項目がありますので、そこを開きます。その中に「明るさの自動調節」という項目がありオンとオフを切り替えられるのでオフにしてください。

また、さらに一工夫を加えたいという方は「Night Shift」モードに切り替えるといいでしょう。これはブルーライトを軽減する機能で目への刺激を減らしてくれます。ブルーライトを見過ぎると人間は目の疲れが加速度的に進み覚醒状態が続くようになってしまって、睡眠の質を落とします。今のiPhoneではこのブルーライトを減らせるので目に対して優しい画面にすることができます。

iPhoneXの照明設定はどうなる?

iPhoneXにおける明るさ調整に関しての情報として明るさの調整の仕方は今までと異なるという情報は特に見つかりません。ただし、iPhoneXでは解像度が大幅に向上して5.8インチ有機ELディスプレイとなっている以外にも、HDRという従来のものよりも明るさをより広い幅で表現できるようなシステムが対応されているので、見やすさに関しては改善していると多くの加賀田推測しております。

画面調整のやり方は設定から自動調節機能を止めるのと、画面の下端を上にスワイプしてコントロールセンターを表示することによって行えると推測されております。

iPhoneXは画面が黄色い?

新作のiPhone8は色合いが若干黄色に見えるということでネット上にも「何かおかしい」という情報が流れることもありますが、これはPhone8とiPhoneXに搭載された新機能の「True Tone」と既存機能の「Night Shift」によるものです。「True Tone」については説明していなかったので簡易的に説明すると、こちらは明るさに応じてホワイトバランスを調整して場合によっては黄色に近づけるという機能です。この色が気に入らないという方はこの二つの機能をオフにすれば問題ないでしょう。

iPhoneXは有機ELディスプレイによって明るさや見やすさがだいぶ変わるということが予想されており、発売してからしばらくは画面の見やすさの話題が尽きることはないでしょう。まだ発売されていないものなだけに推測の部分もありますが、有機ELディスプレイの影響度がどの程度になるのかもまだ読めませんので、場合によっては明るさ調整を自らやらなくても良い仕上がりになっているかもしれません。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ