iPhoneXの保護フィルムにソフトタイプはある?

iPhone専用の保護フィルムとひと口にいっても、その強度や加工パターンには何通りもの組み合わせがあります。アクセサリーとしてはポピュラーな部類に入り、iPhoneX以降もユーザーの多様なニーズに合わせて画期的な加工パターンが生み出されると見られています。保護フィルムの種類とオプション加工のバリエーションなど、付属アクセサリーの基礎知識についてまとめました。

/p>

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ワンパターンじゃない液晶画面保護のテクニック

保護フィルムのソフトタイプというのは、厳密には存在しません。ただし、iPhone用の画面保護アクセサリーには保護フィルムとガラスフィルムがあり、保護フィルムのほうがよりやわらかく手ざわりもなめらかであることから、一般的には保護フィルムをソフトタイプと表すことがあるようです。iPhoneX以降もこのふたつのタイプが採用されると見られており、選択肢がさらに広がりそうです。保護フィルムはPETとよばれる合成成分でつくられているためフィルムそのものに柔軟性があり、曲線的なデザインのiPhoneXにもフィットするメリットがあります。その反面、注意して貼りつけなければ気泡が入りやすく、画面保護性能はガラスフィルムに若干劣るという短所も見られます。

バリエーションは無限大!保護フィルムの頼れるオプション加工

画面保護という一点ばかり見ているとどの保護フィルムも同じように感じられ、それぞれの違いがわかりにくいかもしれません。実は、保護フィルムやガラスフィルムには本来の衝撃吸収加工とはべつに細かいオプション加工が施されているものがあります。メガネやPCではもはや常識となりつつあるブルーライトカット。iPhoneから発せられるブルーライトを人体に影響のないレベルまでカットし、長い時間集中して画面を操作しつづけても眼の疲労を最小限におさえてくれます。最近では端末そのものにブルーライトカット機能が搭載されている場合もあるため、購入時に細かいオプション機能まで入念にチェックしておきましょう。ただし、たとえブルーライトカット加工がなされている保護フィルムを使っていたとしても極端に長時間iPhoneの画面を凝視することは眼の健康に良くないため、疲労を感じる前に適度に休憩をとるようにしましょう。ブルーライトカット仕様の保護フィルムはフィルムそのものが軽く青みがかって見えるため、アクセサリーショップでもすぐに見分けることができます。

iPhoneXの保護フィルムには画面保護加工のほかに、ブルーライトカットなど、iPhoneを長い時間楽しめるようにするための工夫が多数盛り込まれています。また、保護フィルムとガラスフィルムでは原材料となる素材が異なり、操作感や衝撃吸収性などの面でそれぞれに一長一短があります。iPhoneXをよく使うシチュエーションを具体的にイメージし、その場面に適した種類の保護フィルムを選ぶことが大切です。価格で見れば保護フィルムがリーズナブルだけれど交換のしやすさはガラスフィルムのほうが上、という風に得意分野が違うため、両方とも使ってみてしっくりくるほうを選ぶ、というのが確実かもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ