iPhoneXの防水ケースはどれくらい種類がある?

iPhoneXをお風呂で長時間使う人も増えてきました。また、アウトドアなどで突然の豪雨などに遭った時でも、完全防水機能がついていれば安心ですよね。最近ではアクセサリーとしても充分自慢できる防水ケースが続々とリリースされています。iPhoneXの防水ケースは果たして、どのくらいすごいのでしょうか。リークされた事前情報をもとに予測してみました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

次世代iPhoneには必須の防水機能

「携帯端末は水に弱い」。そんな常識中の常識も、進化するiPhoneシリーズの防水機能が搭載されるようになった現在では大きく変わりつつあります。最新モデルとなるiPhoneXでは防水性を強化した完全防水端末になると見られており、「入浴中にネットサーフィン」など、初期のiPhoneシリーズでは決して実現できなかった楽しみ方が格段に広がるだろうと期待されています。端末そのものの防水機能はもちろんのこと、保護ケースの防水性とアクセサリー性も進化しており、最新モデルでは土砂降りの雨のなかに数時間放置しても機能が正常に保たれるレベルのクオリティになると言われています。

防水機能だけじゃダメ!防水ケースがiPhoneXに必要な理由

事前リーク情報の段階では、iPhoneXにはほぼ確実に防水機能が搭載されると見られています。そうなると、「防水ケースはいらないのでは?」という疑問が出てくるかもしれませんが、シリーズごとに高性能でアクセサリーとしてモ使える完全防水ケースがリリースされていることを見てもわかるように、たとえ防水機能がついていたとしても防水ケースは必要なのです。防水ケースの役割は、実は水気から端末を守ることだけではありません。携帯端末などの精密機器に悪影響を及ぼすのは純粋な水ではなく糖分だと言われています。普通の水よりもかわきにくく粘着性のある糖分はいったん端末内部にしみこむと一般的なクリーニングでは除去することができません。喫茶店などで甘いジュースをほんの少しiPhoneにこぼしただけで完全に使えなくなった、というケースもめずらしくはありません。iPhoneXは防水性に配慮し、過去シリーズ以上に水気に強い仕様になると見られていますが、あくまでも精密機械であることを忘れないようにしましょう。

防水ケースと耐水ケース、実際のところはどう違うの?

水に濡れても壊れにくくするという意味の言葉には、防水と耐水があります。ユーザーにとっては同じ意味に思われるかもしれませんが、防水と耐水ではその構造やめざすゴールが違います。水に濡れることを前提に考え、水分を端末内部に長時間とどまらせないようにしているのが耐水です。それに対し防水機能のほうは、端末内部に極力水がしみこまないようなギミックを指します。仕組みの違いを見てもわかるように水濡れをよりしっかりとふせぎ、大切なiPhoneを壊れにくくしてくれるのは防水機能のほうです。

iPhoneXの防水機能は過去シリーズで最高レベルの防御力を誇ると言われていますが、どんなに厳密に設計された防水機能であっても完璧ではありません。40℃以上のお風呂にうっかり落としたり、土砂降りの雨のなかiPhoneをむき出しで操作していたりすれば故障の原因になっても仕方ありませんので、防水ケースを過信せず、ふだんの暮らしでも極力端末を水に濡らさないようにしましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ