発売予定のiPhoneXの予想スペックは?

2017年に発売されると言われている、iPhoneX。その予想されるスペックとは一体どのようなものなのでしょう?まだ正式発表もされていないiPhoneXですが、そのスペックに関する噂を集めてみました!

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

発売予定のiPhoneXの予想スペック 噂その1:基本的にiPhone7から大きな変更なし

2017年はApple社にとってもiPhoneシリーズ発売から10周年。やはりiPhoneも特別な製品を発表したいと思う筈です。その為、iPhone8をフルモデルチェンジした機種として発表し、iPhoneXはマイナーチェンジだけで済ますのではないか、という噂があります。とはいえ、Apple社からは現在のところiPhoneXやiPhone8の正式発表はありませんので、そもそも2台同時に発売するということも謎ではあります。しかしながら仮に2台同時に発表するのであれば、フルモデルチェンジで時間が掛かるiPhone8の発表までは、マイナーチェンジしたiiPhoneXで時間を持たせるのでは、という噂もあるようです。

iPhone7からiPhoneXになっても変更がないと言われている箇所は、解像度(1,334×750)や防水対応、3D Touchや光学式手ブレ補正に対応している点、更にオサイフケータイ(電子マネー)対応機能など、と噂されています。確かにこれらの機能は使い勝手が良いですし、非常に評判が良い機能ですので、iPhone7からiPhoneXになっても同様の機能は維持し続けるであろうと思われます。

発売予定のiPhoneXの予想スペック 噂その2:カラーは増える可能性あり

iPhone7のカラーは、ローズゴールド・ゴールド・シルバー・ブラック・ジェットブラック・レッドの6色(注:レッドは2017年3月に発売されました)でしたが、iPhoneXの発売前の噂としては、iPhone7のカラーに加え、ブルーやホワイトなどが増えるのではないか、とも言われています。今までブルーやホワイトといったメジャーなカラーが無かった!ということ自体ちょっと驚きですね。とはいえ、カラーバリエーションが広がることで、よりiPhoneユーザーが増える可能性もありますので、この戦略はiPhoneX以降のiPhone8にも繋がる流れかもしれません。

発売予定のiPhoneXの予想スペック 噂その3:本体が小型化される

現在発売されているiPhone7は67.1×138.3×7.1、iPhone7 Plusは77.9×158.2×7.3ですが、iPhoneXは従来のモデルよりも本体が小型化されるのではないかという噂があります。また重量もiPhone7は138g、iPhone7 Plusは188gでしたが、こちらもiPhoneXはより軽量化が進むとも期待されています。初期のiPhoneから比べると、技術革新の進歩により、より軽量化や小型化が進むのは時代の流れです。後継機であるiPhoneXも同様に小型化や軽量化が進むと噂されるのは、ある意味当然かもしれません。アップルウォッチの例もあるように、どこまで小型化や軽量化が進むのか楽しみですね。

発売予定のiPhoneXの予想スペック 噂その4:イヤホンはUSB Typeへ

iPhone7やiPhone7 Plusは、従来本体に附属していた3.5mmのイヤホン端子を廃止しlightningポートを使用する形式になりました。しかし、今回発表されるiPhoneXは更に進化し、lightningポートからUSB Type-Cポートに変更されるという噂があります。このUSB Type-Cポートへの変更はiPhoneXだけではなく、その後に発売予定のiPhone8でも採用されるとの噂も多く聞かれますので、遅かれ早かれlightingポートからUSB Type-Cポートへの変更は必然的に行われることなると思われます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ