iPhoneXのおやすみモードとはどのようなもの?

LINEなどのSNSの普及によりiPhoneなどスマートフォンを取り扱う時間は日に日に増えつつあるのが現状です。そのため、夜にiPhoneの着信がなったり液晶が光るなど、眠気の妨げになるケースも少なくありません。iPhoneXにも使われるであろうおやすみモードは、そんな時に便利な機能です。ですので、iPhoneのおやすみモードについて知っておくとよいでしょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneのおやすみモードとはどんな機能なの?

iPhoneのおやすみモードは、iOS 6以降から搭載されている比較的一般的な機能ではありますが、その知名度はあまり高くありません。おやすみモードは自動ないし手動でオンとオフを簡単に切り替えられます。おやすみモードをオンにすることで電話の着信やメール、SNSアプリなどの着信を通知しないようにすることができます。おやすみモードの優れている点は、単なるマナーやサイレントモードと違って、特定のグループからの着信やよく使われている連絡先からの着信を許可することも可能など、相手により使い分けができる点です。

iPhoneのおやすみモードを設定するには?

iPhoneXにおいてもおやすみモードは搭載され、手動や自動で切り替えられると予想します。お休みモードは、コントロールセンターからオンオフを切り替えます。また、iPhoneのホーム画面にある設定をタップするとそこにおやすみモードという項目が現れますので、そこで詳細に設定することも可能です。おやすみモードがオンの場合でも特定の連絡先からの着信を許可するためには、電話アプリのよく使う項目に登録されている連絡先であること、もしくは、おやすみモードの着信を許可という項目を選択し、おやすみモード中であっても着信を許可する連絡先やグループを選択します。もちろん、安眠したい人は誰も許可しないという項目を選択することもできます。

iPhoneXでおやすみモードを設定するメリットは?

おやすみモードは、iPhoneにあるさまざまな機能の中でも優れた機能です。就寝するときはもちろん、運転中や勉強中、葬儀やコンサートなど音や光を出したくないときに役立ちます。もちろん運転でしたら運転中のモードもありますが、ついつい画面が光ると気にしてしまい、事故のリスクもあるからです。さらに、詳細な時間を設定することもできます。毎日手動で設定しなくても、時間指定をすることで自動でモードを発動したりオフにしたりできます。さらに、繰り返し着信のあるものだけ通知するという機能もありますので、緊急連絡の際などは安心です。

iPhoneのおやすみモードとは、就寝中などに着信を知らせない機能であり、とても便利です。就寝中だけでなく会議や仕事中、運転中などにも使用できますのでサイレントモードよりも便利です。特定の人やグループだけの着信は通知する機能や、繰り返しの着信だけは知らせてくれる機能などもあります。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ