iPhoneXでも使える?iOSより追加されたSOS機能について

最新版都なるiOS11では、緊急時に「Touch ID」を無効化できるSOS機能を実装しているようです。OSを共有するiPhoneXでも当然利用できると見られており、端末の悪用をふせぐために役立つと期待されています。iPhoneXでSOS機能がどのように利用できるのか具体例をまじえつつまとめました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

緊急時でも安心!iPhoneXのSOS機能

iPhoneXのSOS機能は、目に見えるかたちで組み込まれているわけではありません。SOS機能を起動させるためにはiPhoneXのロック解除ボタンをたてつづけに5回押す必要があり、こうすることで「緊急通報をする」か「Touch IDを無効化するか」を選べる状態になります。緊急通報によって警察と直接つながるほか、「Touch ID」を無効化することでパスコードを入力しないかぎりは端末をアンロックできなくなるため、セキュリティがさらに高まります。銃社会の米国では自分が被害者になるリスクと同様、事件の容疑者にされる可能性も高く、そのような時に「Touch ID」を無効化しておくことで参考人段階での個人情報の提出を拒否することができるのです。何気ない新機能ひとつとっても米国らしい事情をうかがい知ることができ、ユーザーとしては興味深くもあります。

日本で必要?SOS機能の使い道

米国らしいお国事情の中でうまれたiPhoneXのSOS機能。緊急時には便利なようにも思えますが、一方で「日本では必要ないのでは?」との声もあり、その有用性が疑問視されているのも事実です。警察への通報にしても、顔認証によって端末を一瞬でアンロックし、通常の電話アプリからダイヤルしてしまえば良い話です。SOS機能はもともと、犯罪率が高く、自分がいつ事件の容疑者にされるかわからない米国において法権力から個人情報を守るために開発されたいわば緊急避難措置であり、日本において日常的に使われるような機能ではないのかもしれません。ただし、「iPhoneXでいざという時に警察を呼べる」ということを知っておくだけでも、本当の緊急時に最悪の事態から身を守ることにつながります。

iPhoneXのSOS機能は基本的に、米国で使用される端末を前提にして開発されています。警察へ直接通報できるといってもロック解除ボタンを連続で5回タッチする必要があり、本当の緊急時にそれだけの余裕があるかどうかは疑問です。SOS機能はむしろ、「Touch ID」の無効化に主眼が置かれているとも言われており、指紋という個人情報さえも悪用されかねない米国らしい事情を反映した機能と考えることもできます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ