iPhoneXではホームボタンが廃止されるってホント?

iPhone7やiPhone7 plusで、指紋認証やSiriの呼び出しに大活躍したホームボタン。実はそのホームボタンが、iPhoneXやiPhone8というiPhoneの次世代機では廃止されるという噂があるようです。その噂の背景には、Apple社の次世代iPhoneにかける様々な戦略が見え隠れしています。iPhoneXでホームボタンが廃止される背景には、一体どのような戦略が隠されているのでしょう?

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXでホームボタンが廃止されるという噂の背景 その1:指紋認証システム(Touch ID)に変わる新技術が搭載されるため

iPhone7やiPhone7 plusでは、指紋認証システムとパスコードによる認証システムという、2つのiPhoneユーザーを識別する認証システムが搭載されていました。その指紋認証システムでは、ホームボタンに指を置き、指紋を認証させることでiPhoneのロックを解除する方法がとられていました。しかしこの指紋認証システムには、指が汗で濡れている場合や手荒れが酷い場合、またホームボタンの傷などにより認証が出来ないという問題がありました。更に、ユーザーではない第三者が様々な手法でロック解除できることが発覚し、そのことを重くみたApple社は、新しい認証システムの構築を急いでいたことは疑いようもありません。

その新しい認証システムとして、次世代iPhoneとして発売されると噂のiPhoneXやiPhone8では、指紋認証に代わり顔認証システムか虹彩認証システムが搭載されるという噂があります。iPhoneXで顔認証システムか虹彩認証システムが搭載されれば、指紋認証システムで必要だったホームボタンは不要になり、iPhoneXに内蔵されたカメラだけで認証が出来るようになります。そのため、iPhoneXではホームボタンが廃止されるという結論になった、という説があります。確かに筋が通っていますし、必要のない機能は廃止されるのも頷けますね。

iPhoneXでホームボタンが廃止されるという噂の背景 その2:iPhoneXのディスプレイ全体で指紋認証できるシステムを搭載するため

先ほどiPhoneXでは指紋認証の代わりに顔認証か虹彩認証が採用されるという噂を記載しましたが、こちらでは指紋認証は顔認証などのシステムと併用されるのではないか、という噂に基づく仮説です。

iPhoneXではiPhone7で言われていた様々な問題を解決し、そのうえでホームボタンではなく、なんとディスプレイのどこででも指紋認証が行えるシステムを採用するという噂があります。ディスプレイのどこでも指紋認証が出来るのであれば、ホームボタンという1点に絞ることもありませんので、ホームボタンが廃止されるのも頷けます。

またこの噂を裏付ける根拠として、米国特許商標庁の特許情報によると、Apple社がディスプレイに指紋センサーを埋め込む特許を取得したという事実があるようです。この特許の内容は、ディスプレイの下に静電レンズを埋め込み、人間の体から放出される静電気を感知することでiPhoneXユーザーの認証ができる、というもののようです。これが本当ならば、確かにiPhoneXのディスプレイ上でどこを触っても指紋認証ができることになります。

ただし、この技術には多額の費用が掛かると噂されていますので、指紋認証システムの利便性は高まりますが、iPhoneX自体の販売価格に技術開発費が上乗せされますので、iPhoneX自体の価格も高騰しそうです。iPhoneXを購入しようと思っているユーザーには、頭の痛い問題になりそうですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ