iPhoneXの価格は9万円以上?256GBモデルは約12万円?!

iPhone10周年を迎える2017年。プレミアムモデルとして注目を集めてきたiPhoneXですが、いよいよ発売間近となってまいりました。充実した機能に、新しいボディデザイン。期待を一身に背負ったiPhoneXですが、その販売価格について、最新情報が流れてきたようです。


iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhoneX予測情報 >  iPhoneXの価格は9万円以上?256GBモデルは約12万円?!

iPhoneXの1000ドルの壁は守られるのか?

世界最大級の金融グループであるUBSのアナリストのSteven Milunovich 氏が予測したiPhoneXの販売価格は、870ドル(日本円で約97000円)としています。これは以前、同氏がiPhoneの価格は、1000ドルまでの価格での発売になるだろうとの見方をしていたことによるものとされています。ではなぜSteven Milunovich 氏が1000ドルまでというのを根拠にしていたのかと言いますと、ユーザーから見た「1000ドルの壁」を意識したものと思われます。1000ドルを超えると、ユーザーの購入意欲が大幅に無くなってしまうだろうとの予測があったようなのです。

iPhoneXはいくつかのモデルでの発売が予想されていますが、その最も高価なモデルの容量は256GBと予想されています。ちなみにその256GBのiPhoneXの販売価格は、1070ドル(日本円で約119000円)とされています。上記の870ドルのモデルについての容量は現時点では不明なようですが、これまでのiPhoneの発売パターンから予測すると、64GBが妥当なところではないでしょうか。とすると、870ドルのモデルタイプが最も安い価格のiPhoneXであると、考えられなくもないですね。

これらは、ほかのアナリストや、Apple社の情報に詳しい大手のサイトなどからも、同じような噂が聞かれますので、かなり真実味の高い情報だと言えますね。いずれにせよ、今までに販売されてきたiPhoneのラインナップと比べてみても、総体的に高めの価格設定となりそうです。

iPhoneXの価格上昇のわけは?

iPhoneXがなぜ、今回はこんなにも高価な設定となってしまうのかを、検討してみたいと思います。

まず、OLEDディスプレイ(有機ELディスプレイ)を採用することが、大きな原因であることは言うまでもなさそうですね。3DのTouchセンサーをこのOLEDディスプレイに組み込む場合には、前面、背面のボディに強化ガラスで覆う必要があります。この強化ガラスの素材が高価なため、コストの上昇を招いてしまう原因となるわけなのです。

そしてデュアルレンズFaceTimeカメラの搭載です。高性能な顔認証システムの搭載が実現すれば、ますますiPhoneXの魅力が増しますが、自ずと価格の上昇は避けられません。またメモリのアップグレードの可能性もあり、それもコスト高につながってしまうようです。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ