いよいよ生産開始か!iPhone8の発売日を大胆予想!

iPhone8はiPhoneが発売されてから10年というメモリアルイヤーに販売されると言われているフルモデルチェンジをした新機種です。そのため、新機能はもちろんのこと、その販売日もかなり注目されています。iPhone8の発売日について予測してみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

結局iPhone8の発売日はいつ頃になるの?

iPhone8については、iPhone発売10周年のメモリアルイヤーになることから2017年に販売されるのではないかと言われています。時期iPhoneは大幅なデザイン刷新を含めた、メジャーアップデートが予想されていますのでこの2017年という節目の年になるのではないかと思われています。発売については秋か冬を予想しています。iPhoneの新機種は毎年大体9月に発売されていますが、iPhone8については量産体制の確立も大変であることから、発売日秋は限らず、冬になるのかもしれません。

今までのiPhoneの発売はどうなっているの?

iPhoneが初めて発売されるのが2007年であり、最近発売されるiPhoneは大体2年に1回のスパンで新商品が販売されています。1年に1回その機種でiPhoneがバージョンアップされます。iPhone6が発売されてからその次の年にiPhone6s、という感じです。iPhone7が発売されたのが2016年ですので、その次の年ならば普通、iPhone7sということになります。

それでもiPhoneは2017年に発売される?

それでもやはり、iPhoneの発売年は2017年のiPhone発売メモリアルイヤーであることが有力です。なぜなら、iPhone8の仕様についてはかなり細かいところまでメディアに出てきていますし、モノによっては部品の量産体制に入っていると言われています。このようにiPhone8の新機種の設計や生産についてかなり具体的な話が出ているということは、iPhone7sではなくiPhone8の発売が2017年のメモリアルイヤーにあるのでないかと思われています。そして、発売日については、例年9月であることから、9月になるのではないかとも予想されます。

iPhone8の発売日については多くの噂があります。これまではiPhoneは2年に1回の発売になっていますが、2017円がiPhone発売10周年のメモリアルイヤーになることからも、iPhone8は2017年の生産開始、発売時期が有力であるのではないかと思われています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ
iPhone8で実装予定のA11チップの製造がスタート?!

iPhone8の大量製造が現実味を帯びてきています。今後発売が予定されているiPhone8の頭脳と言ってもよい、A11チップの製造を開始したと言われています。iPhone8に搭載されるA11チップとはどのようなものかも含めてみておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8に搭載されるA11チップとはどのようなもの?

iPhone8に搭載されると予測されているCPUはA11チップです。CPUとはコンピューターの頭脳部分であり、かなり重要な部品になります。A11チップはiPhone7に搭載されているA10 チップをさらに性能良くしたもので、A11Fusionチップとも呼ばれています。iPhone7に搭載されているA10チップは16nmですが、iPhone8に新たに搭載されるA11チップは、10nmでありより小型化しています。そのため、iPhoneの処理性能の向上や消費電力効率の改善、本体内部の有効活用などが期待されています。

iPhone8に搭載されるA11チップの製造体制は?

実はこのように小型化したA11チップですが、問題点もありそれが製造体制が安定しないことでした。10nmルールで工業製品を大量に生産するということは極めて難しいことだからです。iPhone8には新型のTouchIDや3Dセンサー、大量生産の難しい有機ELディスプレイなどがありますが、A11チップもそのような部品の一つなのです。

iPhone8の発売についてはいつ頃になる?

iPhone8については、4月より本格的な生産が開始されるというように予想されていました。しかしながら、製造の過程ではやはりA11チップをはじめさまざまな部品の製造を安定して行うのが大変な状況だと言われており、製品の提供に遅れが生じるのではないか、と長らく危惧されてきました。例年通りのiPhoneの発売時期ですと9月頭ごろですが、それくらいの販売が可能なのか難しいところでもあります。しかしながら、A11チップの安定した大量製造体制が確立されたという情報もありますので、iPhone8の発売日も、そう遠くはないのかもしれません。

iPhone8に搭載されているA11チップは、10nmという極めて小さな部品であるため、安定した品質で大量生産することが大変難しいものです。しかしながら、最近ではiPhoneに欠かせないA11チップの大量生産に成功したともいわれており、発売日が近づいてきているという情報もあります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ
iPhone8で使用される有機ELパネルは、どれくらい生産されたのか

iPhone8では、有機ELパネルが採用されるといわれています。これは、今までのガラス製のディスプレイとは違います。そのパネルは、iPhone8から使われるようです。ということは、有機ELパネルは、iPhone8に向けてたくさん生産されているということになります。それはいったいどんなことか、考えてみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

有機ELパネルというディスプレイの仕組み

「有機EL」は「有機エレクトリックルミネッセンス」のことです。特定の有機化合物に電圧を与えると発光するという仕組みを利用したパネルです。iPhone8では、ディスプレイに採用されると予想されているものです。この有機ELパネルの仕組みは、発光しても熱が起きません。熱くならないのです。仕組みとしては、LEDと近いものがあります。この仕組みを利用して、ディスプレイのほかに、VRゴーグル、テレビ、AR端末などに使われています。

有機ELパネルのデメリット

熱を持つことがないという有機ELパネルです。これのデメリットとは何でしょう。それは、ガラスのディスプレイよりも高額であるということです。テレビのディスプレイに採用することでも、高価格がネックになっているそうです。それは、まだ技術的に確立されきっていないというところに原因があるようです。iPhone8でディスプレイになることで、ひとつの完成形となることが期待されますね。有機ELパネルがディスプレイとしての技術が確立して、価格も下がってくると、iPhone8の価格も抑えられることでしょう。

iPhone8での有機ELパネルの生産

iPhone8では、有機ELパネルの採用が決まったと予想されています。そうすると、iPhone8の生産とともに、有機ELパネルの生産も増えてくると予想されます。有機ELパネルの生産をしているメーカーは、2018年の春を目途に、大量生産が予定されていると言われています。具体的な数字は明確ではありませんが、大量生産とされています。iPhone8の初回出荷数は、2000万近い数字が予測できます。その後も生産し続けることを考えて、やはり大きな数字で生産されているのでしょう。有機ELパネルは大量になるため、メーカーは1社ではなく、2~3社に分けてアップルから発注されているそうです。

iPhone8では、有機ELパネルが採用されたディスプレイになるそうです。それに伴い、有機ELパネルは、これからは今までよりも大量に生産されることが予想されます。つまり、iPhone8の生産台数も、大量になると予想できます。大量生産されて、買いやすい価格になるとより多くの人がiPhone8を使えるようになりますね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ