iPhoneXの『デュアル光学手ぶれ補正』は何がすごい?

iPhoneXになっていちだんと進化したカメラ機能。最新モデルで標準搭載される「デュアル光学手ぶれ補正」とは、具体的にどのような機能なのでしょうか。手ぶれ補正全般の仕組みについても簡単にまとめました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

「デュアル光学手ぶれ補正」の凄さを大胆かつシンプルに解説

iPhoneXの隠れた目玉ともいえる「デュアル光学手ぶれ補正」。詳細な仕組みについてはかなり専門的な話になるためここでは割愛しますが、シンプルに言うと、ふたつの高性能カメラの相互作用により従来のカメラよりも確実に手ぶれを補正し、動きの激しい写真や動画も鮮明に撮影できるようになっています。iPhoneXの「デュアル光学手ぶれ補正」を使いこなすことにより初心者でもクオリティの高い映像をカメラにおさめることができ、大切な想い出をきれいなかたちで保存することが可能になります。

iPhoneXなら画質も抜群!望遠レンズを使いこなそう

iPhoneXのカメラの凄さは手ぶれ補正だけではありません。4Kに対応した画質はプロも納得のクオリティで、ポートレートモードを使えば明かりの少ない場所でも被写体をくっきり映すことができ、オートフォーカスで素早くピントを合わせることも可能です。「デュアル光学手ぶれ補正」によって動きの激しい映像をカメラにおさめることはもちろん、旅行先での絶景を最高のアングルで撮影することもiPhoneXならお手のもの。お気に入りの4K画像をSNSにアップすれば交流の輪もさらに広がることでしょう。

今のうちに知っておこう!手ぶれ補正の基本と仕組み

一般的な手ぶれ補正には「電子式」と「光学式」があります。電子式はわりと初期の頃から搭載されている標準機能で、撮影した画像を逐一一時的な記憶領域に保存しておき、次に撮影した画像とのずれを測定するかたちで手ぶれを補正していきます。一方の光学式ではカメラの内部にセンサーを内蔵し、被写体から受け取る光の屈折率を演算することによって画像のずれを修正します。光学式のほうが電子式よりもより確実に手ぶれを補正できるため、今後のiPhoneシリーズでも光学式手ぶれ補正がスタンダードになっていくだろうと見られています。

iPhoneXの「デュアル光学手ぶれ補正」なら、カメラに慣れていないビギナーでもプロ顔負けの画像を撮影することができます。手ぶれ補正だけでなく画質も格段に向上したiPhoneXで、皆さんも大切な想い出を思う存分保存してください。ストレージも大容量になったiPhoneXなら、メモリを気にせずにお気に入りの写真や動画をいつまでも保存することができます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ