iPhone8が開く「AR」の世界

かつて飛び出す画像の臨場体験で人々の心を虜にした3D画像は、より現実的な世界で楽しむ事ができる拡張現実へと移行しつつあります。各社でヒートアップしているAR開発とiPhone8がもたらす未来についてお話しします。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ARを搭載したiPhone8の特徴

iPhone8が従来型のiPhoneと大きく違う点はいくつかあります。ARを搭載している点はもちろんですが、さらに薄型およびコンパクトになりすっぽりと手帳に収まる形となっていますから、ポケットや鞄にもすっぽりと収まるという事で荷物にならず文字どおり携帯に便利である事もその1つです。それでいて機能はけして劣る事がなくむしろより高性能になっています。ワイヤレス充電ですから電源を探す煩わしさから解放されますし充電器ももちろん不要です。大幅に省電力化も実現されていますから、いつ電源が切れるかという不安も解消されます。長い間指摘されてきたセキュリティー問題も指紋認証や顔認証機能を搭載した事により、iPhone8が犯罪に利用される危険が低減されます。顔認証は3Dカメラにも導入されています。コンパクトながら5.8インチという大画面ですから、ストレスなく活用できますし、防水性もアップしています。その他豊富な特有の機能が搭載されています。

ARの魅力とは

ARは聞きなれない人には意味がわからない言葉でしょうから、簡単に説明します。Augmented Realityの頭文字をとってARと略して表記される事が一般的で、通常拡張現実と呼ばれています。実例をあげるとiPhoneで特定の場所へフォーカスした時に、そこに写っている人間のそばを猛獣のトラを寝そべらせたり、恐竜が目の前を悠々と歩いていたりする空間を作り出す事ができます。もちろんiPhoneを通してみている人間にしか見えませんし、実際画面に写っている人間には見えていません。すなわちSF映画のワンシーンをiPhoneを使って自由に創作できるのです。しかもたっぷりと現実感を持ってです。これらはすべてコンピューターで作りだした画像ですが、この技術を様々な分野で生かしていこうという研究も進められています。

ARを搭載したiPhone8でできる事

史上最先端テクノロジーを駆使したiPhone8でできる事は豊富にあります。今は一部のメディアではお馴染になった動く記事のように、通常は静止画で表記されている印刷物の図形などをiPhone8でのぞいた時に、3次元空間の動画に変換してみる事ができますから、数学の公式計算の理論を理解しやすくなります。誰でも現実味が増した動画を手軽に作って友達と見せ合う楽しみが増えます。自社商品の宣伝広告などに使えばより説得力のあるものが作れるようになります。

ARを搭載したiPhone8は電子文書業界を含めて多数の業界での応用が進めば、より豊かで快適な生活空間を実現すると期待が高まっています。今後の動向に注目です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ
iPhone8にAR(拡張現実)機能が搭載された?

AR機能といえば、近年大きく脚光を浴びている技術です。人気アプリゲームに採用されて、世界的に人気をなった事例からその風潮は大いに窺えます。この機能に関して、Appleはある種遅れをとった状況となっていましたが、iPhone8ではついに導入されるのではと予測されています。実際のところ、どうなっているのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

AR機能の特徴

ARとは、「Augmented Reality」の略です。日本語で拡張現実と呼ばれており、主に現実世界を改変、増強して拡張させて現実には存在しない世界を体感させるような技術です。ゲーム業界で注目を集めるVRことバーチャルリアリティの変種などともいわれています。スマートフォンをはじめとした携帯端末における機能向上に伴い、そうした機能を個人が身近に楽しめる時代となってきています。今回のiPhone8においては、まさにそんな機能にApple社も一歩踏み出したような状況となっています。本当に採用されていれば、iPhoneはこれまで以上に幅広い用途での活用が可能となることでしょう。

iPhone8におけるAR機能とは

さて、そんなAR機能ですが、iPhone8はどのように導入しユーザーにおける実現を可能とするのでしょうか。iPhone8の特徴のひとつに、3Dカメラが挙げられます。従来本体後ろに搭載されているカメラレンズはひとつでしたが、これを2つにすることで立体的な映像認識を可能としているものです。iPhone7sにおいてもデュアルカメラの名称で2つのレンズがついていましたが、今回はさらに完成された感覚が感じられます。

この3Dカメラで立体的な映像を取り込んだ上で、アプリなどの情報と複合して拡張現実を演出するといった具合です。新機能の3Dカメラ、そして新時代の映像の楽しみ方であるARが合わさった、iPhone8の目玉的新機能といわれています。

AR機能が搭載されたiPhone8でできること

もし実際にiPhone8にAR機能が採用されていた場合、どのようなことができるのでしょうか。まずこの疑問への正確な解答としては、未知数といえるでしょう。なぜなら、今回のiPhone8とAR機能の組み合わせは、とても自由度が高いためです。これまで、ARを楽しむには専用のハードデバイスを必要とするケースがほとんどでした。そんな中、3Dカメラ搭載のiPhone8はiPhoneそのものがデバイスとなるため、ソフトにはアプリをもちいることが可能です。つまり、アプリの数だけ可能性は広がるというわけです。手元でのAR操作がベーシックな楽しみ方となれば、そこには新たな市場が誕生するといえます。ARアプリはますます活況を迎え、数多くの体験を提供してくれるでしょう。

iPhone8には、拡張現実ことAR機能の搭載が予測されています。今モデルより導入されるといわれる3Dカメラによって、スマートフォン操作ひとつで手軽に最新技術を楽しめるといった具合です。アプリを通して体験するため、可能性も無限大といったところです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ