メモリ解放をiPhone7sで行うには

iPhoneを使っていて、使うほどにだんだん動作が遅いとかいきなり電源が落ちてしまうといった状態に陥ってしまうことがあります。これは、メモリーが100パーセント近く使われてしまっていて、空きメモリが減ってしまっているために起こるものです。それは、メモリ解放をすることで、解決されます。iPhone7sでは、メモリ解放の方法はどうなるのでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

裏技から表技に昇格

従来のiPhoneでは、メモリ開放は裏技的方法で、すべてのiPhoneユーザーが簡単にできるものではありませんでした。ネットで調べて見つけてやっとできる、というものでした。メモリの管理のためにアプリを入れたり、電源を一度オフにしてまたオンにするといった方法です。

iPhone7sでは、調べなければわからないメモリ開放の方法は、ボタン一つでできるように設定されるのではないでしょうか。設定画面の中で、いちばん目立たないようなところに「メモリ解放」のボタンがよく見ると追加されているのです。これで、難しいことはなく、誰でも簡単にメモリ解放ができるようになります。特に、ゲームをする人には、メモリ解放すると、動作がスムースになりますね。

バージョンアップやアップデート

メモリ解放するということは、iPhoneの動作を軽くするということです。同時に、iosのバージョンの確認やアプリのアップデートをすることで、メモリ解放になり動作が軽くなるということも考えられます。iPhoneでは、まずiosのバージョンを確認して、最新バージョンにアップデートします。アプリについても、アップデートできるかどうか確認してからアップデートします。

つまり、iosのバージョン確認とアプリのアップデート確認の2ステップが必要でした。

iPhone7sでは、アップデートの確認がまとめてできるようになり、必要なら確認時に同時にアップデートを自動的に行ってくれる機能がつくのではないでしょうか。メモリ解放をするにも、手間と時間が省ける方法が考えられています。

初期化やアプリの再インストールで

メモリ解放の手段として、iPhoneをまるごと初期化して工場から出荷された段階に戻してしまうという方法があります。また、後からインストールしたアプリを一度アンイストールして再びインストールするという方法もあります。初期化しても、一部のデータはiPhoneに残っています。

アプリの再インストールでも、データが残るものと消えてしまうものがあります。クラウドでデータが保存されているものは残りますが、それ以外はデータは消えてしまいます。
iPhone7sでは、初期化してもアプリを再インストールしても、データは一時的にすべてクラウドに保存されて、消えてしまうデータはなくなるかもしれません。データを残した後、削除することもできるようになるでしょう。

メモリ解放について、iPhone7sの可能性を考えてみました。iPhone7sでは、もともとのメモリも大きくなるでしょうから、メモリ解放するとかなり動作は軽くなるでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ
iPhone7sのメモリはどれくらい?

iPhoneのメモリとは、具体的に作業領域のことです。メモリが十分でなければsafariの再読み込みが増えるなどといったことから、iPhone7シリーズも相応のメモリを確保していると考えられます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhonsのメモリとはそもそもどのようなもの?

iPhoneのメモリとは、簡単に言うとスマホでの作業領域のことです。このメモリが一定の大きさであることが、スマートフォンを円滑に動かすことが必要です。もし、メモリの大きさが小さければ、複数のアプリケーションを同時に立ち上げているときなど、フリーズしたり使っているアプリケーションが落ちやすくなります。そうでなくても、動作が遅くなったり、酷い場合はクラッシュしてしまったりします。

そういったスマートフォンで快適に作業ができるようにある程度の大きさの作業領域が必要になります。そのため、最近のiPhoneシリーズではメモリの容量を一定の大きさにしています。

iPhone7sのメモリはどれくらいなのかの予測

このシステムメモリの容量ですが、機種により違いがあります。iPhone7が2ギガバイト、iPhone7Plusが3ギガバイトになっています。そのため、iPhone7の後継機種であるiPhone7sのメモリは、同じく3ギガバイトでなかろうかと予測されています。このメモリが少ないと、safariでタブを切り替える際に、ウェブページが再読み込みされる頻度が増えるため、目的のページにつくのにかなり時間がかかってしまいます。

たった1ギガバイトでも違うので、このことについては考慮されたうえで作られるだろうと予測されています。一方でそれ以上増やしてしまうと1台が10万円以上という莫大なコストがかかりますので、それ以上増やすことは考えにくいでしょう。

iPhone7sのストレージは、どれを買うと正解?

iPhone7sのメモリについては、だいたい3ギガバイトになるであろうと考えられています。メモリとともに考えなければならないのが、ストレージです。ストレージとは、ストックできる容量のことであり、これは、だいたい3タイプあってユーザー側が選べるようになっています。

iPhone7には、16ギガバイトから128ギガバイトまで4段階をユーザーが選べることになっています。もちろん多くの容量があるほうが値段は高いのですが、容量が少ないと写真や動画何度といったデーターを十分に保存できませんので注意が必要です。

iPhone7sのメモリについては、3ギガバイトになると予測されています。今までのiPhone6シリーズは2メガバイトでしたが、iPhone7シリーズになって3ギガバイトになり性能も向上しました。しかしながらそれ以上メモリの大きさを増やすのはコスト的にも大変であることから、iPhone7sのメモリは3ギガバイトに落ち着くのではないかと考えられます。ストレージTについては4段階で本人が選べます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ