iPhoneXで文字化けしてしまったら

iPhoneだけでなくPCでもやっかいな問題となる文字化け。せっかくのネットサーフィンでブラウザが文字化けばかり起こしていてはストレスが溜まる一方ですよね。また、自分の送ったメールが文字化けを起こしていないかも心配です。iPhoneXで文字化けを解決する方法についてまとめました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

文字化けの原因について正しく知っておこう

文字化けのほとんどは、文字コードの変換ミスが原因となって起こります。文字コードとはiPhoneやPC上で文字を数値データに置き換えるための約束事のようなもので、これがあることによって異なる端末間でも問題なくデータのやりとりが可能になるのです。文字化けが起こるのは、データを処理する側の端末が文字コードを正しく認識できなかった時に発生する現象です。文字コードは文字ひとつひとつに割り当てられています。iPhoneXでやりとりされる文字データはすべて、数値型のコードによって表現されているのです。そしてこの文字コードは規格によって微妙に異なっています。たとえば、あるコードではAという文字を「0001」と表現し、別のコードでは「0010」と表しているのだとしたら、この食い違いが文字化けの原因となります。汎用性の高い文字コードの規格を使用することで、送ったメールがほとんど文字化けしていた、などということはふせぐことができます。

iPhoneXでおすすめの文字コードは?

高機能なiPhoneXを存分に使いこなすためには、文字化けのリスクを最小限に抑えることが肝要です。現在、世界標準として使われている文字コードはUTF-8です。非常に汎用性の高い文字コードとして知られ、海外のウェブサイトの多くはこのコードをベースにして記述されていると言われています。メールの作成および閲覧においてはUTS-8コードを標準使用に設定することで文字化けの大半をふせぐことができます。この他にもJISコードやシフトJISコードなども日本国内では標準的に使われており、とりわけシフトJISコードは漢字変換に特化した規格であるとしてビジネスの場でも高い評価を得ています。

iPhoneXで考えられる文字化けのパターン

取引先などにメールを送る場合は、機種依存文字を使用しないようにしましょう。一般的な文字コードとはまた別に端末ごとに独自の変換コードを定めている場合があり、当然機種が違えば正しい文字として認識されないことになります。機種依存文字はもともとPCで多く設定されていましたが、高機能化が進むiPhoneXでも採用される見通しのため、異なるキャリアの端末に文字データを送る際にはとくに注意が必要です。ウェブの閲覧中に文字化けが発生した場合は翻訳サイトを使用するかより汎用性の高いブラウザに切り替えることで正しいコードに変換される場合があります。

iPhoneXでの文字化けは、標準の文字コードを汎用性の高いものに設定することでたいていは解決できます。かしこまったメールで文字化けを起こすのは相手に対しても失礼でありなおかつ不親切なため、UTF-8など文字化けを起こしにくい文字コードを標準設定にしておくのがベターです。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ