iPhone8の指紋認証が爆替わり?背面に設置される可能性も

今秋の発表されると噂されている、iPhone8ですが、これまでは、指紋認証のセンサーは、ディスプレイの中に埋め込まれると噂されていました。しかし、製造上の技術的な問題から、これは本体ではなく、背面に設定されるのではないか…と言う風に予測されています。そこで、iPhone8の指紋認証はどのように変わるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

指紋認証の仕組みとは

今や多くのスマートフォンに搭載されている、この指紋認証というシステムは、どのような仕組みとなっているのでしょうか。この指紋認証の仕組みの理屈はいたってシンプルであるといえるでしょう。

まずは、スマートフォンによって、指紋センサーで指紋をデータとして読み取ります。その後、読み取った指紋のデータを、元々保存してあった、持ち主の指紋データと比較をすることが出来ます。そして、一致した場合には、ロックが解除されますが、一致しない場合には、使用をすることが出来ず、ロックが解除されないという仕組みになっています。

iPhone8になってどう変わる?

今回「iPhone8」に採用が検討されている指紋センサーですが、アップル社によると、これを有機ディスプレイに埋め込むのは、とても難しく技術的に諦めるという可能性が出ています。もしくは、本体の背面に今後は搭載されるのではないか…という風に噂されています。さらに、iPhone8に背面に搭載される可能性もありますし、実は指紋センター自体が搭載されず、今度は顔認証システムになるのではないか…という風にも予想されています。

このように、iPhone8になってどう変わるのかというと、背面に指紋認証が移動するか、顔認証に切り替わるかどちらかである可能性が高いです。

メリット

もしも、指紋認証システムが、iPhone8になって大幅に変わった場合には、さまざまなメリットがあると言えるでしょう。まず、背面に指紋認証システムが配置された場合には、本体の背面にはデュアルカメラのレンズ、そしてフラッシュが垂直に配置され、さらには、Appleロゴの下に、Touch IDセンサーが来る形になります。このため、非常に使いやすいですし、指紋認証の際にも、ディスプレイを眺める必要がなく、背面から認証を行うことが出来ます。また、サイズなども大きくアップするのではないかと予測されていて、高さや幅も大きくなるというメリットもあります。

いかがでしたでしょうか。今後発売されるのではないかと噂されているiPhone8ですが、今度の指紋認証システムは、従来通りではなく、かなり変化するのではないかといわれています。指紋認証システムが背面に来るのか、または指紋認証システム自体がなくなり、顔認証システムが取り入れられるのかなど予測されていますが、どちらにしても、非常に便利になりそうです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ
iPhone8のタッチIDは背面に来る?どんな形になる?

iPhone8の予想する上で、まだまだ忘れてはならないのが、タッチIDです。iPhone8では、このタッチIDが背面に来るのかどうなのか、という予想があります。実際のiPhone8の設計図や情報は、どこまで合っているのかまだわかりませんが、ここでは独自に検証していきますね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneのタッチIDとは

iPhoneのタッチIDとは、指紋認証センサーのことです。今では誰もが知っている通り、指紋というのは全世界の人が一人一人違うものです。つまり、指紋によって個人の特定ができるというわけです。指紋認証センサーは、使っている人の指紋を読み取って、合っていればiPhoneの操作ができるというシステムのことです。これで、自分の指紋を登録したiPhoneは、指紋が合っている自分しか操作できないということです。

タッチIDは、前面ディスプレイに

iPhone8の予想のひとつとして、タッチIDは前面ディスプレイに埋め込まれるのでは、というものがあります。iPhone8では、ホームボタンがなくなりディスプレイの中に取り入れられるのでは、といわれています。これで、本体の画面の外側がなくなるということです。画面の外側が亡くなるということに関連して、同時に、タッチIDもディスプレイにとりこまれて、前面ディスプレイの内側に入ってしまうのではないか、ということです。タッチIDは前面になるという予想です。

タッチIDは背面に

もうひとつ、iPhone8についての予想の中で、タッチIDは背面になるのではないか、というものがあります。これは、情報が流れてきたiPhoneのカバーの形状からいわれていることです。iPhone8の本体カバーは、背面に穴が開いています。カメラの穴と、Appleのロゴの下にももうひとつ穴があいているのです。カメラの穴は縦長で、3Dカメラ搭載で2つついているのではないかということです。この穴が、タッチID用ではないかといわれています。背面のロゴの下、というと指が触れやすく使いやすい位置になっているからなのです。

iPhone8のタッチIDについてでした。前面ディスプレイと背面とは、まったく逆の位置がどちらも予想されています。なんだか面白いですね。どちらも、一応根拠となる画像や設計図は表示されています。どちらになるかわかりませんが、本体デザインがカッコよくなる方につけてほしいものです。また、前面ディスプレイ内のiPhone8と、背面についたiPhone8と、機能違いで2種類出てくれると、買う人の選ぶ範囲が広がります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ