iPhoneXはデベロッパーを泳がせるための最終兵器と化する!?

iPhoneはもともとデベロッパーの方々にとって非常に有用な携帯電話だったのですが、その使い勝手の良さからデベロッパーを泳がせるための最終兵器似もなり得るという声もあります。デベロッパーはiPhoneのアプリを作ってくれる協力者ではありますが、iPhoneもすごい勢いで進化しているため、デベロッパーの方々もその進化速度に合わせる必要があり色々と苦労しているようです。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneにはiPhoneデベロッパプログラムがある

iPhoneはデベロッパーの味方であるという意見もあれば敵であるという意見もあります。これはネット上でかなり意見が分かれているところです。味方であるという考え方がある人は、「iPhoneデベロッパプログラム」のようなアプリケーション開発を支援するシステムが用意されていることなどを重点的に説明しているようです。

このデベロッパプログラムは開発中のアプリケーションが正常にiPhone上で動かすことができるのかを試すことができる環境を用意してくれるプログラムで、各種ツールもあわせて併用すればデバッグを行うことも可能となっております。つまり、アプリケーションの最適化を行うことができると言うことです。このプログラムによって、アプリとして登録した直後からアップデート祭りになると言うことは少なく、完成された商品としてユーザーに提供できるようになるのです。

また、このiPhoneデベロッパプログラムには一般ユーザーがアプリとして使えるものを開発するような「スタンダードプログラム」と、一般ユーザーではなく一部の企業向けに作るための「エンタープライズプログラム」との2種類があるので、より具体的にアプリを作ることができるでしょう。デベロッパーの方々にとってこのシステムは魅力的なようです。

iPhoneXはデベロッパーの手が出しにくい?

このような利点がiPhoneにはあるので、デベロッパーの方は喜んで手を出してくるのではないのかという予想がされるのですが、どうも手が出しにくいのでは無いのかという噂もあります。一昔前までは登録費用を払ってデベロッパーになる必要もありましたが、Xcode7 での無料の実機ビルドもできるようになったことから、間口は広がったのでアプリ作りもやりやすくなったはずなのです。

iPhoneXはデベロッパー向けにアプリのヒューマンインターフェースガイドライン等を動画で解説しており活発化しているのですが、どうも活発化しすぎたことで日本人のデベロッパーは入り込む隙間もないのではと思ってしまった方がいるようです。

iPhone8に比べてiPhoneXの出荷が遅いのも理由?

iPhoneXがiPhone8と比べて多少発売日が遅れてしまった理由は諸説ありますが、その中でも有力な説が画面の密度と縦横比の異なり、そしてボタンがなくなり画面下部の使用が禁止されたことにあるでしょう。このように細かい部分ではありますが、色々と変化が積み重なっているのでアプリがうまく動かなくなるという予想もあったのです。噂ではアプリ改変に大苦戦しているから発売がずれ込んでしまったという話もあります。これがデベロッパーを惑わせている原因かもしれません。

iPhoneXは誰でも簡単にアプリを作ることができる環境が整っているのですが、iPhoneXは色々と進化したことで使い勝手意外にも変更箇所が多々あるので、今まで問題なく動かせていたアプリが使えない可能性ももちろんあるでしょう。そのことを考えるとソフト開発者側の人は軽々しく手が出ないのかもしれません。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ