iPhoneXの部品は超異端なので保険は絶対入るべき!

iPhoneXは非常に高額な製品のため、購入後も万一の場合の補償のために保険に加入しておく必要があります。iPhoneXに保険をかける場合の注意点について具体例をまじえてまとめました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXの保険でもっともコスパが良いのは?

どんなに大切に扱っているiPhoneXでも、故障のリスクはつきもの。自分のiPhoneXだけでなく、他人のiPhoneXを壊してしまう可能性も考えておかなくてはなりません。最低限入っておきたいのが「Apple Care+」。iPhoneユーザーであれば誰でも入れるサービスで、機種交換などに対応してくれるだけでなく、端末の保証期間を延長することもできます。アウトドアなどでiPhoneXを携行する機会の多い人には携行品保険がおすすめです。iPhoneXの故障にかぎらず、腕時計やカメラなど、精密機器の故障を幅広くカバーしてくれる保険です。月々の掛け金はやや割高になりますが、長い目で見ればメンテナンス代を大きく浮かせることにつながるため、加入しておく価値はあります。携行品保険には「Apple Care+」にはない補償がついているので、シーズン中に何度もアウトドアを楽しむ方に最適です。また、いくつかの保険を組み合わせて補償を手厚くすることも可能です。大切なiPhoneXの故障は、できれば考えたくありません。けれど、リスクはつねにすぐそばにあるのです。

iPhoneXで保険加入がとくに勧められる理由

IPhoneXではこれまでのiPhoneシリーズ以上に保険への加入が強く勧められています。本体そのものが非常に高額だというのもその理由として挙げられますが、パーツのひとつひとつが特殊なため簡単には手に入りにくいというのも大きな要因であるようです。そのため、普通ならパーツ交換ですぐに直せる故障であっても、交換すべきパーツがないために修理に数週間を要するケースが想定されます。また、iPhoneXにはいろいろな意味で新機軸がいくつも搭載されているため、従来のシリーズのように耐用年数が予測しにくく、言い換えればいつ壊れても不思議ではない状態に置かれているという見方もできます。とくに、iPhone7を何度も修理した経験のあるユーザーは購入当日にでも保険に加入すべきだと言えるでしょう。

iPhoneXの耐用年数は未知数であるというのが正直なところです。これまでのシリーズ以上に端末に負荷がかかっていることは否めず、それ故にいつ不具合が生じてもおかしくはない状態であることは間違いなさそうです。なにもなかったら儲けものと考え、おまもりがわりに保険をかけておくのがベターかもしれません。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ