iPhoneXのホームボタン廃止で、iPhone非正規修理業は終焉を迎える?

iPhoneを使っていると、つい手が滑ってiPhoneを落としてしまうことや、うっかり浸水させてしまうことがあるのではないでしょうか?iPhoneが運悪く故障してしまったときは、Apple Storeに持ち込むか、Apple認定の正規プロバイダーに持ち込むか、はたまた非正規の修理業者に持ち込むことになります。Appleファンの多くは、大きな声では言えませんが安くて速い、非正規の修理業者にお願いする方も多いのではないでしょうか?

 

Apple Storeが自分の行動範囲内に無い場合や、Apple認定の正規プロバイダーだと送るのが面倒だという方や、修理コストを抑えたい方に人気の非正規の修理業者。特にiPhoneの修理で多かった「液晶画面のガラス割れ」には強い力を発揮し、Apple Storeや正規プロバイダーで補償が無い場合は1.6万円近く掛かる修理費が、非正規業者の場合は1万円ほどで修理できてしまいます。しかし、そんなユーザーの強い味方の非正規業者は、iPhoneXやiPhone8が発売されたら店じまいを余儀なくされる可能性があるようです!一体なぜこのような事態になってしまうのでしょう?

 

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXの発売でiPhone非正規修理業者が終焉を迎える理由とは?

iPhoneXやiPhone8など、iPhoneシリーズの次世代機と言われる機種には、「ホームボタンの廃止」と「指紋認証システム(Touch ID)機能がディスプレイに埋め込まれる」という噂があります。これらが実現すれば、今まで指紋認証システムはホームボタンでしか機能しませんでしたが、iPhoneXなど後継機ではiPhoneXのディスプレイ上のどこででも指紋認証が出来ることになります。

これはiPhoneXユーザーにとっては利便性が良くなるので、非常に喜ばしい話ではありますが、iPhoneXのシステム上「基盤とのペアリング」という制約により、非正規iPhone修理業者では修理が不可能になる可能性が出てくるのです。「基盤とのペアリング」とは、1台のiPhoneXに対し、Touch IDが使える機能がペアになって動作するというシステムです。そのため、非正規iPhone修理業者がいくらiPhoneXの液晶画面のガラス割れなどの画面修理を行っても、基盤とのペアリングができない以上、Touch IDは使用できなくなってしまうのです。

非正規iPhone修理業者は、そもそも画面修理をメイン業務として増加してきましたが、iPhoneXでホームボタンが廃止され、指紋認証システム(Touch ID)機能がディスプレイに埋め込まれてしまうと、画面交換が出来なくなり、廃業せざるを得なくなってしまうのです。

iPhoneX登場で非正規修理業者が廃業することによる、ユーザーへの不利益とは?

それでは、iPhoneXでホームボタンが廃止され、指紋認証システム(Touch ID)機能がディスプレイに埋め込まれてしまうことで非正規修理業者が廃業してしまうと、iPhoneXユーザーにはどのような不利益があるのでしょう?

一番はやはり修理価格の上昇です。iPhoneXの修理の際はApple StoreかApple公認の修理業者に頼まなければならないため、修理費用は非正規業者のように安くはなりません。また、修理が集中する場合、どうしても修理が終わるまでの時間が長期間になってしまう懸念もあります。更に画面割れを修理するだけで、いちいちバックアップを取らなければならない手間も発生するだけでなく、修理後は自分でデータを戻す必要があります。

結局、非正規修理業者を追い出して得をするのはApple社だけになります。そのため、アメリカ国内でも販売元以外での修理が自由に出来る法案「Right to Repair」の成立を望む声が高まってきているようです。ユーザーの利便性を考えても、ぜひこの法案が通ってほしいものですね。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ