iPhone8で搭載予定?ガラス製ボディの特許をApple社が申請!

現時点で入手できるiPhone8の見本を見ると、これまで定番だったアルミニウムボディから一転して透明なガラスのボディになっていることがわかります。ガラス製のクリアボディは見た目にもスタイリッシュで大人の色気さえ漂いますが、Appleは決してデザインチェンジのためだけにボディの素材を変更したわけではありません。iPhone8をガラス素材のボディにするメリットと予想される今後の展開についてまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ボディにガラスを使う大きなメリット

;Appleがここにきてガラス製ボディの特許を申請したその先には、ワイヤレス充電の本格搭載があると見られています。iPhone7までのアルミ製ボディではワイヤレス充電は絶対に不可能であり、アルミニウム素材からの脱却をはかったということはつまりAppleもついに重い腰を上げてワイヤレス充電搭載にむけて食指を動かしはじめたと見ることができます。さらに言えば、ワイヤレス充電を可能にする以外にわざわざボディをガラス素材にするメリットはないとも考えることができ、ユーザーから見れば「Appleもついに覚悟を決めた」という風に映っているようです。ただ、ガラス製ボディに関してAppleはiPhone4で苦い経験をしており、今回のiPhone8で過去の指摘をクリアできるかが特許成功の分かれ目となりそうです。

これもただの通過点?Appleが見据える究極のiPhone

ワイヤレス充電への対応を見据えたガラス素材のクリアボディが現時点での最善であることは間違いありませんが、これがiPhoneにとってのゴールではありません。Appleの見据える究極のiPhoneとはずばり、「かたちのないiPhone」です。時計型携帯端末をリリースしたことからもうかがえるように、Appleはかなり早い時期からウェアラブル端末の独自開発に興味を示してきました。「持ち歩くiPhone」から「身につけるiPhone」へ、少しずつではありますがAppleはユーザーを誘導してきたのです。ウェアラブル端末のさらにその先にあるもの……それは脳内iPhoneです。脳内や体内にiPhoneをそのまま埋め込み、脳波を通して端末を操作する。SFとしても荒唐無稽なこの技術がもしも実現すれば、ユーザーはまさに呼吸をするようにiPhoneを使いこなし、無意識のレベルでiPhoneを楽しむことができるでしょう。間もなくリリースされるiPhone8がAppleの見据える道筋のどのあたりに位置するのか、それはわかりませんが、ガラス製ボディの特許がそうした究極の理想につながっていると考えると、今後のiPhoneの動向にますます注目したくなります。

ガラス製ボディの特許申請は実はワイヤレス充電の実装とセットになっており、iPhoneシリーズにおいても大きなターニングポイントであると言えます。クリアボディは見た目にも爽快感を与え、これまでのイメージを一新させる効果があります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ
iPhone8に搭載予定。3D画像に利用する顔認識技術の特許取得!

実現まで秒読みと言われながら、結局これまで実装されることのなかったiPhoneの顔認証システム。iPhone8ではそろそろ……と期待する声も少なくないようですが、実際、iPhone8において顔認証システムが搭載される可能性はあるのでしょうか。水面下で開発が進められているとみられる顔認証の概要と特許取得の実現性についてまとめてみました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneシリーズで顔認証システムが実装されなかった深い業界事情

つねに技術の最先端を走るiPhoneシリーズが最新モデルのiPhone8にいたるまで顔認証システムの本格導入に本腰を入れなかったのは、不思議といえば不思議です。これはあくまでも、iPhone7までの開発プロセスを分析したうえでの推測にすぎませんが、Appleはすでに顔認証システムの実装を可能にするだけの技術力をもっているのではないでしょうか。言い換えれば、Appleにとって顔認証システムは「実装できないのではなく、できれば実装したくない」機能であり、あえてiPhone8であせって実装しなくてもいいのでは……とみられている節さえあります。顔認証システムは技術そのものはそれほど難しくはありませんが、特許取得のうえでハードルとなっているのはセキュリティ面であり、「いかにロック解除をさせないか」という問題が未だにクリアになっていないため、Appleとしてもうかつに特許取得に踏み切れないという事情もあるようです。顔認証システムの精度が上がるほど、「知らないうちに端末のロックがはずされてしまう」という危険性が高まるわけですから、ユーザーとしても慎重さがもとめられるところです。

顔認証はもう古い?iPhoneの未来をささえる新しい認証システム

iPhoneの歴史で見れば顔認証によるロック解除システムは目新しい機能かもしれませんが、iPhone以外の端末では顔認証システムはすでにデフォルトといってもいい機能として定着しており、水面下では顔認証よりもさらにその先の認証機能が研究段階に入っています。なかでもiPhoneの歴史を大きく変えると期待されているのは声帯認証であり、これ以上ない個人情報と言われる声紋や声の波形を認証キーに使えば指紋やパスワードのように不正に複製されることもなく、なおかつ絶対に紛失することもないためセキュリティも半永久的に保たれます。

顔認証システムが仮にiPhone8以降標準搭載されることになれば、iPhone全体の歴史で見ても非常に大きな転換点として評価することができます。顔認証一本での特許取得はセキュリティなどの面でまだまだハードルが高いため、現実的には指紋認証との組み合わせで落ち着くだろうというのが有力な見方のようです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ