iPhoneXの売上は、伝説となったiPhone6と同等か?!

2017年のiPhone市場はまだまだ不確実性が高いとされています。iPhoneにとっては、今年はiPhone発売から10周年を記念した特別な年です。これから発売されるとうわさのiPhoneXの売り上げ台数については、Apple社のみならず、世間でも注目の数字となることは間違いありません。

それに伴いApple社の営業戦略の見直しなどによりその予測は確実性を増してきたように見えます。実際、Apple社はすでに、中国市場というスマートフォン市場で最も重要な市場のひとつでも、iPhoneの価格をアメリカよりも安くするなどの積極的な対策をとっています。またはサプライヤー同士を競合させて厳しいコストカットを要求するなど、あらゆる対応により、売り上げの向上を目指している模様のようです。確かに、最近のスマートフォン市場は飽和状態化してきているのは事実です。ブランド力だけではすでに対応しきれないのは、コストパフォーマンスの優れた中国ベンダーがものすごい勢いで快進撃を繰り広げている姿を見ればわかることです。Apple社のおしりに火がついて、新たな戦略を求められるのも無理はない話しですよね。


iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhoneX予測情報 >  iPhoneXの売上は、伝説となったiPhone6と同等か?!

日本のiPhoneにはFelicaで対応

それでもiPhone人気の高い日本。この場所で求められる売り上げ維持の方法として、Felicaへの対応の実現が予測されているようです。FelicaはSuicaやPASMOなど、交通系のICカードで採用されているモバイルの決済規格です。しかしこれを実現させるには提供会社の各社と交渉しなければならないことから、実現は先延ばしとなっていました。プレミアムモデルの次期iPhoneXの発売によって、ようやくFelica搭載が実現するのでしょうかiPhoneXにFelicaが搭載されれば、更なる人気の向上は間違いないでしょう。

史上最高に売れたiPhone6並の売り上げを期待

こうした様々な策をこうじたことにより、2017年のiPhoneの売り上げ台数は、1億7000~2億3000万台との予測がされているようです。また今年はプレミアムモデルであるiPhoneXが発売される予定となっています。このiPhoneXが登場すればさらにこの数字は上方修正されることは、充分に可能性がありますね。

この2億3000万台という数字は、投資会社であるPiper Jaffrayのアナリストであるジーン・ミュンスター氏が、2017年の会計年度の数字として予測していたものと同じなんです。ジーン・ミュンスター氏は投資家たちのiPhone7にたいする期待の低さに対抗して、潜在需要が高いこと提唱してきました。いずれにせよ、過去に史上最高に売れたとされるiPhone6並みに売り上げを達成させるだけの力は秘めているといっても言い過ぎではないでしょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ