iPhone7sへの保護フィルムの選び方とは

iPhone7sには必需品の保護フィルム。手軽に交換できるアクセサリーとして、傷つきやすいiPhone7sの液晶画面をしっかり守ってくれます。無色透明のため一見するとどれも同じようなデザインに見えますが、製品によってさまざまな特殊加工が施されており、バリエーションは豊富です。後悔しない保護フィルム選びのポイントと最新の特殊加工についてまとめました。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

加工で選ぶ!iPhone7sの最新保護フィルム

初期シリーズのiPhoneでは、「保護フィルムは液晶画面が守れれば充分」という考え方が主流でした。特殊加工という言葉そのものも一般ユーザーにはあまりなじみのないものでしたが、iPhone端末の高機能化が進むにしたがって保護フィルムの役割も多様化し、最新の特殊加工によって付加価値がつけられるのが当たり前になってきました。画面保護に直接つながるものといえばやはり、強化素材があげられます。通常の保護フィルムよりも弾力性と衝撃吸収性を強化し、正面から受ける衝撃に対してiPhone7sを強くすることができます。フルフラットの湾曲型ディスプレイの搭載が確実なiPhone7sでは画面の湾曲部分をカバーできるラウンドエッジ加工が必須となると見られており、保護フィルムの常識がまたひとつ塗り替えられると期待されています。

iPhoneの液晶画面はなぜ割れやすい?

初期シリーズの時代から、「iPhoneの液晶画面はとくに傷つきやすい」ということが半ば定説のようにささやかれてきました。事実、iPhoneではたった1回地面に落としただけでも画面が割れてしまうこともあるようですが、果たして本当に、iPhoneだけが特別に割れやすいのでしょうか。確かに、iPhoneの液晶にはandroid端末よりも薄くてデリケートな素材が使われており、なおかついiPhone側面も設計の都合上衝撃に弱くなっているため、ちょっとした落下などでも壊れやすい、ということは言えそうです。ただし、Appleのほうももちろんその評価を甘んじて受け入れているわけではなく、薄型の保護フィルムでも衝撃をカットできるような特殊加工をすでに取り入れており、iPhone7sでは画面の脆弱性が飛躍的に解消される見通しです。

ユーザーにインタビュー!iPhone7sで使うのはどっちのフィルム?

保護フィルムとガラスフィルムはどちらもすぐれた保護アクセサリーですが、実際のところはどちらがより高いニーズを保っているのでしょうか。過去シリーズでの動向を見ると、iPhoneビギナーほど保護フィルムのほうを選ぶ傾向があるようです。薄くて画面になじみやすい保護フィルムは装着していても違和感がなく、操作性を損ねることもないため、入門編としては選びやすいと言えるのかもしれません。ただし、保護フィルムも経年劣化はさけられず、日焼けによる変色や指紋汚れ、キズなどが目立ってきたらすみやかに交換するようにしましょう。

保護フィルムはガラスフィルムに比べて薄く、操作感が損なわれないところが長所となります。薄いながらも衝撃吸収性にすぐれた強化保護フィルムやブルーライトカット加工など、iPhone7sをより長時間使いこなすための特殊加工が豊富になってきているので、リーズナブルなアクセサリーで画面を保護したい方にはおすすめです。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ