iPhone7sでは顔認証と指紋認証が同時に採用されそう?

iPhone7やiPhone7 plusで採用されている指紋認証システムは、iPhoneのロックを解除する際にパスコードを入力することなく、ホームボタンに指を置くだけでロックを解除できるという画期的なシステムです。そのため、多くのiPhoneユーザーに支持されており、セキュリティ面や操作性においても以前発売されたiPhoneより向上したと言われています。


しかし指紋認証システムは、iPhoneユーザーが寝ている間に指をホームボタンに置かれ、第三者にiPhoneのロックを解除されるという、セキュリティ上の問題がありました。また指紋認証が上手く作動せず、認証できないなどのトラブルも報告されています。そのため、iPhone7の次世代機ではこの問題を克服すべく、様々な指紋認証システムの技術を向上させるべく奮闘していますが、指紋認証システムとは別に顔認証システムの開発も進んでいるようです。


顔認証システムは、新機種と噂されるiPhone7sなどに事前に自分の顔の画像を取り込み、登録しておきます。その後、自分の顔をiPhone7sにかざすと事前登録された顔の情報が合致すればロックが解除され、iPhone7sを使用することが可能になるというシステムのようです。指をケガしている場合や、手荒れが酷い場合も安心ですし、知らない間に顔認証でロックを解除される心配もありませんので、より安心出来ますね。


iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sでは顔認証と指紋認証が同時に採用されそう?

iPhone7sでは顔認証と指紋認証が同時に採用される?

さて、MacRumorsによると、iPhone7sではなくiPhone8に指紋認証システムと顔認証システムが搭載される見込みがありそうだ、と言われています。但し、MacRumorsは、顔認証システムと指紋認証システムが同時に採用されるのか、指紋認証システムを廃止して顔認証システムのみ採用するのかは分からないようです。

とはいえ、いきなりiPhone7sやiPhone8での指紋認証システムを廃止して、全く新しい顔認証システムを搭載することはApple社にとってもリスクがありますし、どのような不具合があるのかは実際に多くのユーザーが使ってみないと分かりません。そのため、当面の間はiPhone7sやiPhone8で顔認証システムが搭載されたとしても、指紋認証システムはそのまま残り続ける。つまりiPhone7sやiPhone8では、顔認証システムと指紋認証システムは同時に採用されるという見方が有力のようです。

そもそもiPhone7sでの顔認証システムは採用される可能性は?

先ほどのMacRumorsや他のネット上の情報では、顔認証システムの搭載はiPhone7sでは時期尚早であり、顔認証システムが完成したとしてもiPhone8以降ではないか、とも噂されています。この噂の根拠としては、顔認証システムを導入するには様々な実験や技術を必要としますので、膨大な時間と費用が必要となります。しかし、2017年はApple社のiPhone発売から10周年という節目でもあるため、何らかの新機種が発表される公算が高いです。顔認証システムが完成すれば、大きな目玉機能になりますし、Apple社のお祭りを盛り上げる大きな要素になることは確実です。

とはいえ、顔認証システムを搭載するには先ほども記載した通り、膨大な時間が掛かるため、2017年中に発表することは難しく、2018年以降にずれ込む可能性もあることが示唆されています。iPhone7sはiPhone7のマイナーチェンジ版とも目されていますので、顔認証システムの搭載は、新しいナンバーを振られるiPhone8からの可能性が高いと言えるかもしれません。

いずれにせよ、iPhone7sやiPhone8に関する正式発表は、いまだApple社からありません。正式発表が待ち遠しい限りですね。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ