発売前にiPhone8用のフィルムが出回るわけ

iPhone8の発売はまだ先であるにも関わらず、すでに保護フィルムが一部のショッピングサイトで販売されていますが、デザインも未定との噂が流れる中で、これはどうした事でしょうか。実はiPhone8の構造上にその秘密が隠されていたのです。はたしてその秘密とはどのような内容なのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8特有の製品情報

良いに付け悪いに付け様々な情報が飛び交い、世間からのiPhone8への注目度は大変なものですが、はたしてどのような製品となり得るのか様々な角度から推測してみました。他製品との目立った特徴の1つは大画面のデスプレイになるという事です。その大きさはサイドにまで渡っていますから。コンパクトなボディの割には大変見やすくストレスなく使える点がポイントです。ボディ全体が曲面となっており美しいシルエットを作り出します。気になるのは操作ボタンですがすべてデスプレイの中に収められました。したがって無駄のないシンプルな構想です。これぞiPhone8ならではと言える特徴がボディをガラス製にしたという事です。

iPhone8でボディをガラスにするメリット

ガラスはとても軽くて強く電波も通しやすい特徴があります。それでいて薄さを維持しています。電波がよく通りますから従来以上にストレスなく安定的にインターネットにつなげられます。iPhone8がワイヤレス充電機能になる事はすでに多くのユーザーにも知れ渡っていますが、ガラスにする事でよりスピーディに充電できるようになります。問題は落とした時にフィルムなしでは破損してしまうのではないかという事です。多くの人がおそらく同じ事を考えているのではないかと思えるのは、ガラスは確かに電波の通りもいいですし本体に傷などがうっかりついてしまっては、操作に支障が出てしまうかもしれないといった懸念も生まれます。強く軽いものにするなどメーカー側も万が一の事態に備えた装備はしてくるはずですが、ユーザーの身としてはそれでも様々な悪い状況を想像してしまうのは無理もありません。そこで一部のショッピングモールなどでは、iPhone8の販売にさきがけて保護フィルムの流通に乗り出したわけです。ちまたでの噂どおり曲面ボディとなる事を前提にした保護フィルムがお手頃価格で入手できますから、iPhone8を購入予定のユーザーはさっそく大手ショッピングモールで、フィルムの商品検索をかけてみる事をおすすめします。

iPhone8販売前の保護フィルムの入手に関して

まだ発売前だというのにフィルムだけが先行発売されるという社会現象を見ても、iPhone8への世間からの注目度や期待度が大変大きいものである事を容易に予測させるものではありますが、最終的にiPhone8のデザインがどのようになるかは未知数である事も念頭に入れておく必要はあるかもしれません。

iPhone8にはまだまだ語り尽くせない魅力が満載です。フィルムの先行販売も人気の高さをうかがわせるものの1つであり、発売される日が待ち遠しいばかりです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ
iPhoneXへの保護フィルムの選び方とは

iPhoneXには必需品の保護フィルム。手軽に交換できるアクセサリーとして、傷つきやすいiPhoneXの液晶画面をしっかり守ってくれます。無色透明のため一見するとどれも同じようなデザインに見えますが、製品によってさまざまな特殊加工が施されており、バリエーションは豊富です。後悔しない保護フィルム選びのポイントと最新の特殊加工についてまとめました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

加工で選ぶ!iPhoneXの最新保護フィルム

初期シリーズのiPhoneでは、「保護フィルムは液晶画面が守れれば充分」という考え方が主流でした。特殊加工という言葉そのものも一般ユーザーにはあまりなじみのないものでしたが、iPhone端末の高機能化が進むにしたがって保護フィルムの役割も多様化し、最新の特殊加工によって付加価値がつけられるのが当たり前になってきました。画面保護に直接つながるものといえばやはり、強化素材があげられます。通常の保護フィルムよりも弾力性と衝撃吸収性を強化し、正面から受ける衝撃に対してiPhoneXを強くすることができます。フルフラットの湾曲型ディスプレイの搭載が確実なiPhoneXでは画面の湾曲部分をカバーできるラウンドエッジ加工が必須となると見られており、保護フィルムの常識がまたひとつ塗り替えられると期待されています。

iPhoneの液晶画面はなぜ割れやすい?

初期シリーズの時代から、「iPhoneの液晶画面はとくに傷つきやすい」ということが半ば定説のようにささやかれてきました。事実、iPhoneではたった1回地面に落としただけでも画面が割れてしまうこともあるようですが、果たして本当に、iPhoneだけが特別に割れやすいのでしょうか。確かに、iPhoneの液晶にはandroid端末よりも薄くてデリケートな素材が使われており、なおかついiPhone側面も設計の都合上衝撃に弱くなっているため、ちょっとした落下などでも壊れやすい、ということは言えそうです。ただし、Appleのほうももちろんその評価を甘んじて受け入れているわけではなく、薄型の保護フィルムでも衝撃をカットできるような特殊加工をすでに取り入れており、iPhoneXでは画面の脆弱性が飛躍的に解消される見通しです。

ユーザーにインタビュー!iPhoneXで使うのはどっちのフィルム?

保護フィルムとガラスフィルムはどちらもすぐれた保護アクセサリーですが、実際のところはどちらがより高いニーズを保っているのでしょうか。過去シリーズでの動向を見ると、iPhoneビギナーほど保護フィルムのほうを選ぶ傾向があるようです。薄くて画面になじみやすい保護フィルムは装着していても違和感がなく、操作性を損ねることもないため、入門編としては選びやすいと言えるのかもしれません。ただし、保護フィルムも経年劣化はさけられず、日焼けによる変色や指紋汚れ、キズなどが目立ってきたらすみやかに交換するようにしましょう。

保護フィルムはガラスフィルムに比べて薄く、操作感が損なわれないところが長所となります。薄いながらも衝撃吸収性にすぐれた強化保護フィルムやブルーライトカット加工など、iPhoneXをより長時間使いこなすための特殊加工が豊富になってきているので、リーズナブルなアクセサリーで画面を保護したい方にはおすすめです。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ