iPhoneXにヘッドホンアダプタはついている?

iPhone7シリーズから、イヤホンジャックがないため、ヘッドホンアダプタを購入する必要があります。付属する変換アダプタを使用するのも良いですし、自分で使い勝手の良いアダプタを買うのも良いでしょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7シリーズにはイヤホンジャックがない?

iPhone7シリーズが発売されていた時に、かなりユーザーの間で衝撃を受けたのが、イヤホンジャックがついていなかったことです。従来のiPhoneであれば、どこかで買ってきたイヤホンを普通にイヤホンジャックにつけて利用することができましたが、そうではありません。

そして、なぜイヤホンジャックがないのかというと、これは、iPhone7シリーズが耐水性をアップさせたことに起因しています。イヤホンジャックを廃止したことで、耐水性がアップし、雨の中で使用しても大丈夫なくらいになりました。そのため、イヤホンで音楽を聞きたい人は別にヘッドホンアダプタを購入する必要があります。

iPhoneXシリーズにおけるヘッドホンアダプタとは?

2017年秋に発売が予測されているiPhoneXシリーズにおいても、イヤホンジャックはついておらず、ヘッドホンアダプタを別に購入する必要があるのではないかと思われています。

なぜなら、iPhoneXシリーズの売りは、なんといっても高い耐水性にあります。30分程度でしたら、水に浸かってしまっても大丈夫だと言われているくらいです。誤ってトイレに落としてしまったときでも落ち着いて取り出せば、故障することもありません。このように高い耐水性を実現するのであれば、やはりイヤホンジャックを使うわけにはいかないからです。

iPhoneXシリーズでおすすめのヘッドホンアダプタ

このように、iPhone7シリーズと同じように、iPhoneXシリーズにおいてもイヤホンジャックはついていないのではないか、という見方が大方です。そのため、そういった人はヘッドホンアダプタを別途購入することになります。普通に、充電のところにつなげて使うイヤホン端子型のヘッドホンアダプタを購入すると、値段も手ごろであり問題なく音楽を聞いたりすることができます。

しかしながら、このようなヘッドホンアダプタの欠点としては、充電しながらですと音楽を聴くことができないという点です。しかしながら、iPhoneシリーズを販売しているApple社ではワイヤレスのヘッドホンもあり、そういったものを購入することでもよいでしょう。

ほかにも、変換アダプタの口が2口になっており、充電しながらイヤホンもつけることができるアダプタもあります。このようなものを検討してみるとよいでしょう。

iPhone7シリーズでイヤホンジャックがないように、音楽を聞いたりするのは、ヘッドホンアダプタを利用する必要があります。変換アダプタは付属してくるようですが、ヘッドホンなどを効果的に使用するのであれば、自分で使い勝手の良いものを購入するとよいでしょう

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ