【便利すぎ!】iPhone8のApplePayはこう変わる!

iPhoneユーザーが便利な決済手段として利用しているApplePayですが、iPhone8ではどのように変わっていくのでしょうか?便利さゆえから定着はしているものの、まだまだとっつきづらいというイメージがあるのも事実です。それがどう変わっていくのか、予想してみたいと思います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ApplePayの弱点は?

ApplePayは便利で使い勝手もいいのですが、唯一の弱点が対応範囲の狭さです。おサイフケータイと比較してみると、その範囲の狭さは歴然としており、その狭さが弱点となってApplePayのユーザーが伸びなかった原因となっています。しかし、逆を言えばこの範囲の狭ささえなければ、多くのユーザーがApplePayを利用しているかもしれないということなのですApplePayはクレジットカードと相性が良く、iPhone端末自体で完結できるため、非常にスムーズに進みます。ただし、こちらも弱点があって対応しているクレジットカードの種類や加盟店が少ないことです。

現状ではおサイフケータイの方が使いやすい?

おサイフケータイはその都度カード会社にセキュリティ番号を申請しなければなりません。ApplePayよりも手間はかかってしまうのですが、対応範囲が広い、加盟店が多いという強みがあり、多少の煩わしさに目をつぶって利用している人が多くいます。

斬新すぎる新機能!?

ネット上の情報になりますが、Touch IDで支払いにすると100ドル紙幣が出てくるという情報があります。その間画面にはプリント中という文字が出るのだとか……。実際はどうなるのか分かりませんが、お金をプリントアウトするのは犯罪じゃないのか、などという意見もあり、iPhone8のApplePayがどうなるのかは発売しないと分かりません。さすがに紙幣が出てくるようなことは、色々な事情からないとは思うのですが……どうなるかは続報を待つことにしましょう。

紙幣がプリントアウトされてくるなど、想像以上の機能がつくかもしれないと考えると、色々とまだまだ課題は残されていそうですね。それにApplePayの範囲の弱点もありますし、iPhone8でApplePayの利用者を増やすには、最低でも現在の範囲の狭さを何とかする必要があります。簡単に出来ることではないでしょうが、範囲の狭さを何とかしない限りは利用者も増えていかないのではないでしょうか。ApplePayについてもiPhone8正式発表の際には、何らかの情報が出てくるでしょうから、それを楽しみに待つこととしましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ
iPhone8のウィジェット機能はどう便利になる?徹底調査!

iPhone8は2018年に発売が予測されるアップル社の生み出すiPhoneの新機種です。本体はより薄く滑らかに、そして縁取りがないような大きな画面とスタイリッシュなデザインで持っている人の心を動かします。そして、デュアルカメラを搭載したり、ワイヤレス充電をはじめとした今までになかった機能を搭載すると期待されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ウィジェット機能とは?

ウィジェット機能という名前を聞いたことがあっても詳細を知っている人はなかなか少ない機能の一つ、それがウィジェット機能です。ウィジェット機能とは、ホーム画面において、一目でいろいろな情報を得られることができます。

iPhoneの中には、ニュース、天気、株価、ウェブサイトなど毎日いろいろな情報が搭載されています。しかしながらそのたびに画面を切り替えているのでは、とても不便です。ウィジェット機能とは、つねにホーム画面にいろいろな情報を掲載することです。

多くは天気であったり、ニュースであったりしますがそれらの情報を瞬時に見ることができてとても便利です。特にiPhoneにおいては、ロック中の画面を右方向にフリックするだけで表示されますのでいつでも必要な情報を確認できます。

これまでのiPhoneの場合

これまでのiPhoneにおいてもウィジェット機能が搭載され、とても便利に使用されてきました。iPhoneの最大の特徴としては別にウィジェット機能のアプリケーションを入れなくても、標準で搭載されている点です。iPhoneでは、どのような情報を画面に入れるかなどを自分で審査することも可能です。

特に次の予定とカレンダーのように重複しがちなウィジェットを一つにまとめるといったことができますし、よく使うアプリケーションのショートカットをまとめて置くことで、より目的のアプリケーションへと早めにたどり着くこともできます。活用の仕方によっていろいろ可能性が膨らみます。

iPhone8ではどうなる?

iPhone8においては、iPhoneのOSであるiOSはさらに進化し、ホーム画面へのウィジェットが追加される可能性があります。そのため、ホームにウィジェット画面が追加されるということは、今までのように画面をフリックして動かさなくても、そのままウィジェットの情報を見ることができます。

そのため、画面も面白くなりますし、自分でカスタマイズした情報をいつでも素早く見ることができます。そして、iPhone8の画面に関してはなるべくふちを排除し、全面ガラス張りになるとの予想もあります。そのようななかでホーム画面がよりスタイリッシュに、そしてより使いやすくなると期待されています。

ウィジェット機能とは、iPhoneにおいても搭載されている、いろいろな情報を一画面で見ることができる機能のことです。多くの人は天気予報であったり、交通情報であったり、カレンダーなどの必要な情報を見ることができるようにしています。場合によっては、株価であったりよく使うアプリケーションのショートカットなどを作成することによって、より早く情報を得ることができます。今後発売が予定されているiPhone8においてもiOSが11に進化し、そのなかでウィジェット機能は、ホーム画面に様々な情報を置くことができるなど進化すると予想されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ