iPhone8に搭載される有機ELディスプレイは1モデルのみ?〜十分な調達が難しい

iPhone8に関してここにきてまた、ユーザーの期待をトーンダウンさせるような情報が流れてきました。一部の噂によると、有機ELディスプレイの材料調達と生産ラインの確立が間に合わず、iPhone8ではひとつのモデルに限定して採用されるというのです。曲面型のまったく新しいデザインを心待ちにしているユーザーにとってはまさに悲報ですが、今回の発表によってiPhone8の売れ行きに影響はあるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

予期せぬトラブル?限定搭載に隠されたAppleの誤算

待望の曲面型有機ELディスプレイが1モデルかぎりの採用になるかもしれないということで、iPhone8の購入を迷うユーザーは少なくないはずです。ビジネスの面で考えても、最大のセールスポイントである有機ELディスプレイが当初の予定通り順調に生産できないのはAppleにとって予期せぬ誤算であり、大きな痛手のはずです。もちろん、Appleのほうもこの緊急事態にただ手をこまぬいているわけではなく、提携先の生産ラインの稼働率を最大化することによって生産効率を高めるなど、現時点でできる最善の対策を行っています。最新のディスプレイが限定搭載になることでかえってプレミア感が増し、結果的に「多少高くても有機ELディスプレイがほしい!」というユーザー心理をかきたてる流れになっているとの見方もあり、ある意味ではAppleにとってケガの功名と言えるかもしれません。

過去にもあった?iPhoneリリース直前のドタバタ劇

リリース間近のiPhoneに予期せぬトラブルや不具合が見つかり市場が一時ざわつくことは、実はめずらしくありません。過去シリーズでも今回と同じようなドタバタ劇は時折見られ、そのたびに正式リリースそのものが危ぶまれてきました。しかしながら、直前までハプニングに見舞われてもiPhoneそのものの信頼が根本から揺らぐことがないのは、「Appleブランド」の力もさることながら、メーカーのほうが予期せぬトラブルに対して迅速に対応し、ユーザーの不安をとりのぞくような工夫を積み重ねてきた努力があったからだと考えられます。iPhone8では種々のトラブルから発売日が延期されるとの見通しが強まっていますが、Appleの技術力があるかぎり、これらの誤算は決して逆風にはならないはずです。

ビジネスの世界では、悲観的な予測ほどよくあたるという法則があります。その法則にあてはめると、iPhone8で有機ELディスプレイが全面搭載されることはほぼないと考えられます。ただ、早ければ来年以降には有機ELディスプレイの生産体制が整い、すべてのモデルに安定して有機ELディスプレイが搭載できるようになると見られており、iPhone8のリリースをそこまでのばす可能性も出てきています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ