iPhone8のカメラ・レンズが凄い!今度は3D対応か

様々な部分での進化がうわさされており性能アップに多くの方々を魅了しているiPhone8ですが、その中でもいろんな噂が飛び交っているのがレンズやカメラといった被写体や風景を映し出す機能についてです。
そこで、今回はiPhone8のカメラやレンズ関連の性能についてお調べし、どのような機能に仕上がると言われているのかを記載いたします。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8には3Dセンサー対応レンズ搭載?

iPhone8でレンズやカメラ関係で出てくる噂として結構な頻度で見られるのがこの3Dセンサー対応という言葉です。この噂の真相はとある台湾の業者で3Dセンサーモジュール対応のものを用意するという情報が出てきたからです。
この機能によってできることはいろいろとありますが、もっとも求められている機能は3Dセンサーによる顔認証や虹彩認証になります。いままでは指紋認証を用いてきましたが、その指紋認証機能をより高機能なものとするために、3Dセンサーが搭載されるという情報が流れる前から顔認証や虹彩認証の話はあったのです。
もともと、この台湾の会社から提供されるものがApple向けであるという情報はなかったのですが、3Dセンサーに対応している商品が年内で作られる会社と考えると結果的に一社しかないだろうと多くの専門家やアナリストは見ているのでこのセンサー機能に対応した商品がアメリカに卸されているという情報が出た時点でほとんどの人がiPhone8に搭載されるのだろうと確信しておりました。

iPhone8はカメラ回りも進化する

iPhone7もカメラ関係の機能はかなり充実しており、高性能であると評判でしたが8ではさらに進化して市場に出てくるだろうといわれております。その機能の一つとして広角レンズにしか搭載することができなかった光学手ブレ補正機能が、望遠レンズにも搭載できるようになるという点です。デュアルカメラを搭載した携帯はいくつかありますが、8ではズームでの撮影も通常モードの撮影並みに美しく撮れることが判明しているのです。
ただし、全てのモデルで搭載されるかどうかは不明とのことで、搭載されないモデルと搭載されるモデルに分かれて販売される可能性が高いという情報が流れております。

iPhoneは昔からカメラ回りの性能は他のメーカーのものよりも1歩先を行っていたのですが、今回の3Dセンサー対応型のカメラレンズなどを搭載するという情報から、さらに上を行く性能になることがほぼ確定しております。具体的な製品紹介によってその部分も明らかになるでしょうが、消費者の方々の希望を上回る性能になることは間違いないといえそうです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ