iPhone8のタッチセンサー部は日本写真印刷が製造?

iPhone8の有機ELディスプレイはサムスンが独占供給と言われている中、タッチセンサーは9割が日本のメーカーが供給していることは知っていますか?今回はiPhone8のタッチセンサー部について、ご紹介させて頂きますね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ディスプレイとタッチセンサーが統合される!?

iPhone8はディスプレイとタッチセンサーが統合されると言われています。ホームボタンを液晶と一体化することによって、iPhoneを持つだけでロック解除ができるようになるのでは、という見方がされています。いちいち指紋認証しなくて済むというのは、手間が減って嬉しいですが、解除したくない時も解除されるのではないか、という声も出ているようですね。まだ正式な発表はないので、解除したくない時はどうするのか、などは詳しく知らされていません。しかし、何らかのシステムはあるのではないでしょうか。

新技術でホームボタンが廃止!?

液晶とタッチセンサーが統合されたことにより、ホームボタンが廃止されるようです。今までホームボタンありのiPhoneを使用していた方は、慣れるまでが大変かもしれません。しかし、このホームボタン廃止の場合はいくつかの懸念事項があります。たとえば液晶が割れてしまった場合、非正規の修理屋ではなく、apple社に送らなければならなくなるのではないか、ということです。apple社に送るにしても予約なども必要となってきますし、普段は不便がなくても、故障時の不便さは増すかもしれませんね。

台湾のタッチパネル大手とは?

台湾のタッチパネル大手は第四期から有機ELディスプレイのタッチセンサーの供給を始めると言われています。そのため、初期段階でのタッチセンサー供給は日本が80%~90%を供給すると見られ、ほぼ独占状態と言われていますね。

タッチセンサー部を日本写真印刷が製造する、についてどうやらずっと供給するわけではなく、初期段階のみということらしいですね。第四期からは台湾の大手に変更するみたいです。しかし、液晶との一体化によって、様々な意見がネットでも多く見られます。その中でも一番多いのは故障時のことですね。上記でも説明した通り、タッチセンサーが液晶と一体化になっていれば、画面割れでもapple社に送らなければならなくなり、修理の時間も長くなるのは目に見えています。これらをユーザー間で不満が出ないようするにはどうすればいいのか、ということが課題となってきそうですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ
各種センサー周りはiPhone8で、どうなったのか?

iPhone8の大きな特徴としては、有機ELディスプレイが採用され、画面が大きくなることです。全面ディスプレイを採用しており、ホームボタンが廃止されることにより、センサー回りも変化します。iPhone8のセンサー回りについてみておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8のセンサーのなかでディスプレイに埋め込まれているもの

iPhone8のセンサーの中には、ディスプレイに埋め込まれているものもあります。iPhone8は全面ディスプレイを採用して、淵の部分であるベゼルを廃止し、側面までを覆うようなラップアラウンドデザインを採用しています。そのため、イヤピースやFaceTimeカメラ、TouchIDなどの各種センサーはすべでティスプレイの中に埋め込まれることになっています。そのため、片手で操作することができたり面倒なアプリを開いたりしなくてよいのが便利になります。

iPhoneのデュアルカメラに赤外線センサーがつく

iPhone8には背面に2つのレンズを縦型に配置するデュアルカメラを搭載しています。デュアルカメラの二つのレンズで赤外線を出し、それぞれ物体との距離をはかることによって、物体を立体的にとらえることができるようになります。そのため、3D写真を楽しむことができるだけでなく、より精巧なアバターを作り出すこともできます。ARやVRなど仮想現実の世界にも対応しているのも、赤外線の力によるところが大きいです。

iPhone8にはまだまだセンサーがいっぱい

iPhone8にはディスプレイやデュアルカメラだけでなくさまざまなところにセンサーが配置されています。たとえば、ワイヤレス充電においては給電装置からの電波をセンサーで拾うかたちで、充電器につながなくても充電することができます。ほかにも、指紋認証のみならず虹彩認証の機能も付けると言われており、高いセンサー技術の活用が着目されています。iPhone8では、ジェスチャー認識技術にも対応しますので、ゲームなども自分のジェスチャーをそのまま用いて楽しむことができるようになります。

iPhone8では全画面ディスプレイを採用し、そこにさまざまなセンサーを埋め込んで使用することになります。さらには、デュアルカメラは赤外線センサーで物事を立体的にとらえることもできますし、ワイヤレス充電にも対応しています。iPhone8のセンサーは幅広い機能を持っておりユーザーに着目されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ