Lightning端子、iPhoneXではどうなるの?

買ったその日から誰でもが簡単に使うことができるようになるのがiPhoneも最大のメリットではないでしょうか?しかしながら、新しい機種が出てくるといくつかの改良がおこなわれることになりますが、iPhone独自のLightning端子はどのようになっていくのでしょうか?このサイトではその動向を紹介します。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Lightning端子について

Lightning端子はその利便性から2012年にiPhone5に搭載されて現在に至っている端子です。しかしながら、すでに5年の歳月が経過していますので、最新式のiPhoneXではLightnig端子に代わってUSB Type-Cへの変更が噂されるようになっています。これはiPhoneを発売しているApple社がMacBookとの互換性を考えてと言われています。確かに、互換性が出てくれば更なる利便性が期待できますので、仮にapple社がそのような選択をすることも十分に考えられます。以前から変更は噂されていますので、そろそろではという意見も出ています。

Apple社次第

Apple社がどちらの選択をするのか今のところ推測の域を出ていません。なぜならば、どちらの選択をしてもapple社にとってはメリットがあるからです。ですから、今の段階でiPhoneXにLightning端子がなくなると断言することは不可能であるといえます。

しかしながら、USB Type-Cへの変更が行われてしまうと、それに合わせてアクセサリーとしてのコネクターが必要になってくることが考えられますので、実際に自分の機種の場合には何が必要になるのかをあらかじめ調べておくことはお勧めです。仮に変更が起きた場合にはそれに合わせて、現有のものよりもさらに便利なアクセサリーが発売されること考えられますので、情報には敏感になっておくと良いでしょう。

焦る必要はありません

仮にiPhoneXにLightning端子が使われなかったとしても、すぐにこれまでの機種のサポートがなくなってしまうことはありませんので、時間をかけて状況に対応をしていくことが可能ですので、焦って今から色々なアダプター類をそろえなくてもいいでしょう。また、MacBookにかぎらず最近ではウインドウズPCにもUSB Type-C型のコネクターが内臓されるようになってきていますので、変更されることによって更なる利便性とユーザーの確保が期待できるようになるかもしれません。

変更が行われた場合に、必要な時に必要なアダプターや付属品を購入できなくなってしまうと大変困った状態になってしまいますので、在庫の確認だけはあらかじめ行っておくと良いでしょう。つまりUSB Type-Cへの変更が行われたとしても、利便性がアップすることが多くデメリットはそれほどないと考えておいて良いでしょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ