シンプルを貫くApple社はついにiPhone8からホームボタンをなくした!

iPhone8の洗練されたデザインはシンプルで美しくなるだろうと言われています。特に有機ELディスプレイを使っていますし、ホームボタンを廃止することで全画面ディスプレイを楽しむことができます。ホームボタンを廃止したiPhone8がどうなるのか、見てみるとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8がホームボタンを廃止する理由

iPhone8に限らずApple社はiPhoneからホームボタンを廃止したいと思っていました。有機ELディスプレイなどの最新の仕様を備えており、それゆえにディスプレイサイズも変更されます。前面のディスプレイのサイズが縦型になりますので、スマホの画面が大きくなり、ユーザーにとっても便利です。最近では動画や写真などを大画面で楽しむ人が増えてきたことから、このように前面にあるホームボタンを廃止することにより、端末の大きさを変えずにディスプレイサイズを変更することができるようになりました。

iPhoneからホームボタンを廃止したことによる変化

iPhone8においては、iPhoneのホームボタンを背面に移動させてフルディスプレイ化を図っているという説があります。特に指紋認証の背面搭載は多くの他社スマホなどで採用されているからです。一方で、ユーザーの目の虹彩を使った生体認証である虹彩認証機能などを搭載したり、ホームの画面全体で指紋を認証したりするという機能があると予想する人がいます。いずれにせよ、ホーム画面である程度面積を取っていたホームボタンがなくなることで、大きなディスプレイの変更を実現することが一番の変化と言えるでしょう。

iPhone8でホームボタンが廃止される代わりの措置

iPhone8には有機ELディスプレイが搭載され、全面ディスプレイを採用されます。そのため画面のインチもかなり大きくなります。画面のファンクションエリア内には、TouchIDに代わる新しい指紋認証機能が生まれるかもしれないという説もあります。TouchID自体が背面に移動するという説もあります。いずれにせよ、大筋の見方としてはiPhone8においてiPhoneのデザインがよりスタイリッシュになるため、また機能を向上させるためにもホームボタンが廃止されるという説は真実味を帯びてきています。

iPhone8では有機ELディスプレイが採用され全面ディスプレイになりますので、ホームボタンは廃止されます。画面で認証するか、新たな認証方法をとるか、背面に移動するかなどといった説があります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ