iPhone8のコンセプトは「曲がること」?

iPhone8のコンセプトは「曲がる」だそうです。いったい何が曲がるのでしょう。ケーブルなら、ふつうに曲がります。となると、もしかしたら今は容易に曲げることができないものが曲がる、ということなのかもしれません。そこでたどり着いたのがディスプレイです。ディスプレイが曲がる、というのはどういうことなのか、ひも解いていきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

現在のiPhoneのディスプレイ

iPhoneのディスプレイといえば、硬いガラス製です。そのため、誤って落としてしまうとひびが入ってしまいます。また、ガラスなので、ディスプレイは平面です。ぺったんこです。割れてしまったディスプレイは、ガラスを交換すればきれいになります。ところが、安価ではありません。そのため、ひび割れたディスプレイをそのまま使っている人を、たまにみかけますね。あまり、見栄えはよくありませんが。とにかく、現在のガラス製のディスプレイは、割れやすいという最大のデメリットを抱えているのです。

「曲がる」ディスプレイってなに?

iPhone8の曲がるディスプレイとは、ガラスでできているものではありません。ガラス以外のもので作られているのです。横から見ると、真ん中が盛り上がった感じです。そして、本体をゆるやかに曲げることができるのです。なんだか不思議なもので、iPhoneぽくないようにも思えてきます。盛り上がっているディスプレイで、AR機能がより活かされて見えることでしょう。現実の背景とiPhone8のディスプレイの風景が、より同化して見えます。ディスプレイと実際の風景の境界線が不鮮明になってくるのです。

ディスプレイの素材とは?

iPhone8の曲がるディスプレイは、フレキシブル有機ECパネルを採用しています。電圧をかけると発行する物質を利用しているディスプレイです。これが、不思議なことにぐにゃっと曲げることができるのです。現在では、ちょっと想像しきれないところがありますね。曲がるディスプレイになったことで、ディスプレイが割れる、ひび割れのまま使うといったストレスから解放されます。iPhone8の曲がるディスプレイで、破損や修理の心配がひとつ、減ってきました。

iPhone8のコンセプトの「曲がること」について予測してみました。もしかしたら、画面はガラスのままで、内側で何かが曲がっているということかもしれません。ただ、曲がるディスプレイというのは、斬新で新鮮で、面白いものだということは、確実です。iPhone8の使い方やケースの質も、どんどん変わってくるかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ