iPhone8のホームボタンを廃止!?ディスプレイ内に指紋センサーを統合

未だに不確定要素ばかりのiPhone8の認証方式。現時点ではっきりしているのはホームボタンが廃止されることと、その代替機能となる「ファンクションエリア」がディスプレイ内に格納されることだけです。iPhone8でホームボタンをなくした意味と指紋認証が実装される可能性についてについてまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

最新の指紋認証が画期的と評価される意味

ただ単にホームボタンによる指紋認証であれば別段新鮮味もなく、ここまで大々的に話題になることもなかったでしょう。今回の認証方式が斬新であると各方面から評価されているのは、実は認証方式そのものではなく、ホームボタンなどの代替機能をディスプレイ内に完全格納した点にあります。ホームボタンの分だけスペースが広く確保できるわけですから、iPhone8のデザインの自由度がさらに高まることになり、Appleとしても個性を発揮しやすくなります。目新しさをねらうのであれば虹彩認証や声紋認証という選択肢もありましたが、iPhone8はあえてその選択肢をとらず、指紋認証をさらに一歩進化させることで独自性をアピールしようとしています。ただ、ディスプレイ内での指紋認証は未だ技術的に不安定な部分があり、iPhone8では保険として顔認証のほうもあわせて搭載される見通しです。指紋認証と比較した場合の顔認証のメリットはまず何よりも、認証の手間が省けることです。端末に顔を映し出すだけで認証が可能になるのですから、いちいち指紋を読み取らせる必要もなくなるわけです。顔認証システムも指紋認証と同様発展途上の技術であり、完璧な認証方式とは言えませんが、iPhone8ではユーザーの不安を解消し期待にこたえる認証方式が実現されるはずです。

iPhoneユーザーはもう指紋認証には期待していない?

業界内では斬新な新技術として取り上げられることの多いiPhone8の指紋認証ですが、一般ユーザーのほうは意外にそれほど指紋認証には注目していないようです。androidでは何年も前から顔認証が実用化されており、最新モデルではさらに虹彩認証までもが標準搭載されるなど、機能面ではiPhoneを大きく引き離しています。ユーザーが見据えているのはむしろその先であり、ホームボタンをなくしたことで果たしてiPhoneシリーズの自由度がどの程度広がるか、その一点を冷静にチェックしているのです。

指紋認証の進化は決して、iPhone8で完結するものではありません。指紋認証のさらにその先には顔認証があり虹彩認証があり、未知の認証システムがあります。ホームボタンの廃止がそうした明るい未来へとつながっているかどうか、ユーザーの目線からきびしくチェックしていく必要があります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ
iPhone7sにはホームボタンが付いている?

iPhone端末では初期の時代からホームボタンが当たり前になってきましたが、最新型のiPhone7sでは子の長い伝統が廃止され、オールフラット画面が採用される見通しとなっています。ホームボタン廃止のメリットとデメリットについてまとめてみました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneの便利な隠し機能(文字入力編

ホームボタンがなくなりオールフラットな画面になるということは、これまでのiPhone端末にくらべてアイコンひとつひとつに割り振られる機能が増えるということです。長押し機能を活用することで、取扱説明書には載っていないiPhone7sの隠し機能を使いこなすことが可能になります。長い文章を打っていると、数字やアルファベット、五十音と頻繁にキーボードを切り換える必要が出てきます。そのような場合、iPhone7s初心者は説明書の通り律儀に地球儀アイコンを軽くタップし、一覧表示されるメニューから目的のキーボードを選択する、という手順を踏んでいるようですが、実は地球儀アイコンをそのまま長押しすることでダイレクトにキーボードをチェンジできるんです。入力している最中に文面の一部分をコピーしたくなったらその始点と終点を2本の指ではさむように長押しすることで範囲選択が可能になります。また、数字キーのアイコンを長押しした状態で指をスライドさせることでキーボードを切り換えなくても数字を入力でき、今まで以上にサクサクLINEやメールを送ることが可能になります。

ネットサーフィンも快適に!

ウェブページの閲覧中にくわしく調べたいキーワードが見つかったら、その部分のテキストを軽く長押ししてみてください。iPhone搭載の辞書機能が起動して、その意味を表示してくれます。ウェブサイトで気になる画像がある時も長押しは有効。いちいちメニューを表示しなくてもワンタッチで画像の保存が可能になります。動画を見る時にも、「ほんの少しだけ映像を早送りしたいな~」という時には動画のスライドバーのポイントを長押しした状態で軽くスライドさせることで数秒単位での微調整が可能になります。iPhoneの標準ブラウザであるSafariの「進む・戻るボタン」を長押しすればウェブページの閲覧履歴が標示され、ふたたび訪れたいページにワンタッチでジャンプすることができます。マップを表示させた状態で目的地を長押しするとその地点にピンをドロップすることができ、現在地からの最短経路などをチェックすることができます。長押しによる利便性はiPhone7sでも実装される見込みなので、これまで以上に快適なブラウジングを体感することができるでしょう。

ホームボタンがなくなって可能になること

ホームボタンがなくなると当然画面が広くなりますから、画質も格段に良くなり、ハイスペックな3Dゲームや映画などを臨場感たっぷりに楽しむことができます。画面のフォントサイズも大きくなりますから、メールやウェブサイトの内容などもスムーズに理解することができます。メリットしかないようですが、一部の人たちにとってはデメリットもあります。たとえば、手が不自由で端末を片手で操作することが難しい人にとっては、ホームボタンがあることによってスリープモードからの切り換えが簡単に行えるようになっていました。

ホームボタンが廃止されてしまうとスリープモードを解除するにはその都度本体横の電源ボタンを押さなければならず、負担が大きくなってしまいます。iPhoneシリーズでは特定のアイコンを長押しすることによってダイレクトに電源を切ることができるため、そのような代替機能がiPhone7sでも実装されることが望まれます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ