iPhone7sではSMSが使える?

iPhoneで使用できるメッセージツールはたくさんあります。もともとiPhoneでは、SMS、MMS、iMessage、そしてe-mailです。それに加えメッセージアプリもダウンロードできますのでその選択肢はたくさんあり、今後発売が予定されているiPhone7sにも搭載されるでしょう。そのなかで、SMSとは何か、SMSを使って何ができるか知っておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

SMSとはどんなことができるメッセージツールなの?

SMSは、電話番号がアドレスになっているメッセージツールのことです。ショートメッセージサービスの略で、この名称を使います。電話番号自体がアドレスになっていますので、iPhoneはもちろんのことそれ以外の携帯電話、スマートフォンでも通話できます。
実は、SMSは世界共通の統一規格であり、電話番号さえわかれば日本以外にも通信できますので世界中で活躍しているメッセージツールとして活躍しています。MMS(マルチメディアメッセージサービス)はソフトバンクモバイルなどキャリアと契約していないと使えませんが、SMSであれば契約していなくても使えます。

便利な機能、SMSにも欠点がある、その欠点とは?

SMSはショートメールメッセージという名前がついており、その名の通り1件につき約70文字しか送信することができません。そのため、長いメッセージを送るのであれば分けて贈る必要があるでしょう。さらに、画像やファイルを添付して送信することができません。そして、SMSは件名をつけることができません。また、SMSには料金がかかります。受信する分に関しては無料ですが送信する分は、同じキャリアなら無料ですが違うキャリアに送る場合お金がかかります。
そして、携帯電話網を使ってメッセージの送受信を行いますのでwifiにつながっていても携帯電話の電波が圏外の場所では使用することができません。また、simカードが入っていないiPodやタブレットでは使えません。

SMSの便利な使い方とはどんなもの?

SMSを使うのは極めて簡単でiPhoneでSMSを使うのであれば、メッセージのところを開いて送信できます。もし、相手もiPhoneでiPhone同士でメッセージを送信できるiMessageに変換されて送信されますので、このメニューを使えば70文字以上のメッセージ、そして画像やアプリも送ることができます。
SMSでは国外へもメッセージを送ることができます。その際には、携帯電話の番号、頭のゼロのかわりに国番号を付けて送信します。たとえば、日本の国番号は81ですので、090…で始まる番号へiMessageを送るのであれば、8190・・・というようになります。

SMSはメッセージ機能が付いており、今後発売が予定されているiPhone7sにも搭載されると思われます。SMSを使えば、70字以内という制限はありますが、海外にも送ることができて便利です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ