1000ドルを超えると予想されるiPhone7sはApple社の大博打?

なんと! Apple社が1000ドル以上もする、iPhoneの発売を計画しているという噂が流れてきました。2017年の今年はiPhone発売から10周年の特別な年として、現在の時点でもさまざまな噂が流れていました。次に発売されることがかねてより有力視されている、iPhone7sについては、未だかつてないような機能が装備される計画ではないかとの、夢のような情報もたくさん流れてきました。
実は、Apple社は今までにも、もうすでに1000ドル近い製品の販売は行っています。iPhone7 Plusは969ドルでした。ということは、夢のような機能が搭載されるであろうはずの、次回発売されるiPhone7sの価格が、1000ドル台となっても、当然不思議ではありませんよね。


確かにApple社にとってiPhoneといえば、大人気の製品です。世界中の人が待ち望んでいるiPhone7sが、たとえ常軌を逸したともいえる価格帯であったとしても、購入する側からすればなんら問題はないのではないでしょうか。つまりどんなに高くてもユーザーにとってそれが必要なものであれば、意地でも手に入れようとするからです。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  1000ドルを超えると予想されるiPhone7sはApple社の大博打?

iPhone7sの発売が大博打だと言われているわけ

ただこれを大博打ではないかと心配してしまうのは、やはり1000ドルというのは少し高額過ぎるということです。どんなに高くても手に入れたいと思うユーザーが、現在、確実にはどのくらいいるのでしょうか。
かつてはハードウェアといえば、簡単には手に入れることができないほどの、高額なものが当たり前でした。しかし今ではその時代も終わり、高額であればそれなりの理由がなければ、目の肥えた人々は納得してくれません。
たとえば、Apple Watch Editionの18金ケースモデルという超高級な製品をApple社が発売したことがありましたよね。発売当時は超高額ということで、大変話題となりました。でもそれは大方の予想通り、ただの宣伝用の企画でしかなかったようです。客引きパンダを作り、一般のモデルの購入意欲を誘うものだったように今では感じられてなりません。何しろ、このApple Watch Editionの超高額の内容は18金のケースであって、中身の機能については一般のものと同じなのですから、始めから売るつもりはなく、ただ話題性のみを重視しているとしか考えられないからです。 
そういったものも含めて、現在ではiPhoneの販売自体にも陰りが見えてきているのが原因なのではないでしょうか。iPadを値下げしているのも、そうせざるを得ない事情があるからに他ならないのでは?
つまりこの10周年のこのときにApple社はiPhone7sでもって、大博打を打たなくてはならないという、危機感があるからなのではないかと、つい疑いたくなってしまうのです。

iPhone7sの購入を控えるユーザーが続出?

また、ユーザーからの目線で言うと、あまりにも高額な製品が出た場合、買い控える選択をする可能性があるということです。最近のiPhoneの発売サイクルに馴染んできたユーザーたちからすると、今慌てて無理に高いiPhone7sを購入しなくても、1年待てばまた新しいiPhoneが登場します。新しいiPhoneが出れば、去年のタイプであるiPhone7sの価格は下がります。ほとんどの人々はその仕組みを知っていますので、今回はiPhone7sの購入を控える人が続出するかもしれませんね。
Apple社はこの大博打に勝つことができるでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ