マニアにはたまらないiPhoneXの新しいジェスチャールール

今年iPhoneXがいよいよ誕生しますが、画面サイズこそ大きくなったもののこれまでのデザイン、また操作に関しては大きな違いはありません。今までiPhoneを使っていた人であれば、iPhoneXの操作も然程難しくないのです。機能では新たなものが付けられ、その中でもジェスチャールールに大きな変化がありました。ジェスチャールールにはiPhone本体を動かすものと、画面操作の2種類がありますが、iPhoneXの新しいジェスチャールールちは、一体どんなものなのでしょうか。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

既存のジェスチャールール

iPhoneXはもちろん、従来のジェスチャールールにはiPhone本体を横に振ると、取り消すと表示されメールなどで入力したものをキャンセルできる、標準ブラウザのsafariで進む、戻るを行う際にわざわざ画面一番下に戻って操作をしなくても、画面左下から右にスワイプすると戻る、右下から左にスワイプすると進むことができる、起動しているアプリを複数消したい場合は、1つずつではなく、指3本で下から上にスワイプすれば同時に3つのアプリを消す事ができるなど、ジェスチャールールはこれまでもいくつかありました。

iPhoneXにおいては、更に便利なジェスチャールールが追加され、これまでにない、他のスマートフォンには無いiPhoneXならではのジェスチャールールとなっています。

iPhoneXのジェスチャールール

従来のジェスチャールールも画期的なものでありましたが、iPhoneXに追加されたジェスチャールールはより便利なものが多くあります。

iPhoneXは顔認証を導入し、新たなジェスチャールールを盛り込みました。メッセージアプリケーションではより少ないタップ回数で写真などにアクセスでき、ホームボタンを押す代わりに、画面の一番下からスワイプするだけでどの画面からでもホーム画面に戻れます。マルチタスク画面の表示は、画面を上にスワイプして止めるだけで開いている全てのアプリを表示できます。コントロールセンターを呼び出すには、画面右上から下にスワイプする事で呼び出せます。その他、Siriを呼び出すには再度ボタンの長押しになります。

これまでのiPhoneの操作は、iPhoneXではジェスチャーへと変わり、上記のように、より便利なジェスチャールールが追加されました。

顔認証について

今年、満を持してiPhoneXが発売となりますが、iPhoneXにしかないジェスチャールールや高性能な機能、斬新なデザインで話題を呼んでいます。何より、ホームボタンが廃止になり、新たなジェスチャールールが出来たことに衝撃を受けた人も多くいます。また、ジェスチャールールの他にも、顔認証機能でも驚かせました。

顔認証は赤外線カメラ、ドットプロジェクタ、投光イルミネーターを組み合わせたTrueDepthカメラで顔認証をしています。赤外線を使用しているため暗い場所でも認証可能となっており、ドットプロジェクタによって認証制度も高く失敗する確率は100万分の1だと言われています。更に、目も当然認識されている為、目をつむっている状態では認証されません。ですから、眠っている時に勝手に顔認証されてロックを解除される心配はないのです。

iPhoneXにはあらゆる新機能が搭載されており、ジェスチャールールや顔認証など、今までにないiPhoneを実現させました。

iPhoneXはホームボタンが無いため、どうやって操作するのか、顔認証なんて、寝ている間に勝手に解除されてしまわないかと不安に思っていた人も、新たなジェスチャールールなどを知って安心した事でしょう。ジェスチャールールは指でスワイプするだけなので非常に簡単です。また、ジャスチャールールなどの他にも、iPhoneXには魅力的な高性能の機能はたくさんあり、使い勝手はとても良いと言えます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ